« 消費者物価指数11ヶ月連続下落! | トップページ | 米金融トップの注目すべき!発言 »

民主党政権を動かしているのは誰か?

 武山です。最近強く思う事があります。それは、実際に民主党政権を動かしている組織が存在する、という事です。長崎県知事選で極めて象徴的な大きな動きがありました。それは、民主党の福田陣営が自民党系に寝返ったというのです。それはなぜなのか。要するに、福田陣営は民主党政権のウラに誰がいて、誰が黒幕なのかを理解したという事です。

 民主党は、スローガンで「脱官僚」「官僚主導から政治主導へ」と言って政権交代を果たしました。ですが、これは大ウソなのです。依然として官僚主導なのです。それはどういうことなのか。

 皆さんは最近の政府の財政(財源不足)に名を借りた増税路線をおかしいとは思われませんか? それと併せて、新聞紙上で国民の借金が900兆円を超える、とか、日本は実質債務超過だとか、財政の厳しさだけを取り立てて報道されている事に違和感を持たれませんか?

 これらはすべて財務省によるデマゴーグです。今日寄せられたコメントに、経済学者の菊池英博先生の講演録画ビデオ「日本の財政は破綻していない!」という内容をよく吟味して聞いてください。私は自著を出版した時、東京で約半日間菊池先生と懇談し、財政問題と日本の売国政策、当時の大蔵省の財政への関わりについてご教示をいただきました。

 今回の、官僚主導から政治主導へ、のスローガンの影に財務省、外務省、防衛省などの利権が強く働いています。特に財務省です。日本の官僚の中でダントツの結束を誇り、利権確保に動いているのが旧大蔵省、今の財務省なのです。民主党による政権交代が確実になった時、最も変わり身が早かったのが財務省です。それに続いたのが外務省であり、防衛省なのです。

 いま、沖縄の普天間基地の移転問題で国論が二分している、かに見えます。しかし、これは錯覚なのです。アメリカ政府は近く重大発表を行います。そのとき、海外の軍事基地すべてを引き上げ、平和を推進する事を宣言する筈です。いま、アフガンやイランで緊張が存在し、軍事力の維持が必要だと米軍筋からメッセージが出ています。これはよく調べてみると、米軍関係者から出ている事が分かります。つまり、オバマ大統領の本心ではないのです。いまだ、米国内は国論がいくつもに分かれているのです。オバマは賢明ですから、それらの相対立する意見のコントロールを取りながら、地球に平和を齎そうと懸命の努力を続けているのです。それを評して、オバマは二つの帽子を使い分けている、という表現をしている関係者もいます。これは、ダライ・ラマ14世にも言えるのです。この間、読者から質問があり、ダライ・ラマはCIAのエージェントではないのか、という疑問の声を出している方がありました。実はCIAのレオン・パネッタ長官はオバマの息が掛かっているのです。つまり、CIA内部でも分裂が起きており、一筋縄で判断する事はもはや不可能なのです。オバマ大統領はそれを踏まえたうえでダライ・ラマと会談したと思われます。オバマの本心はチベット問題の平和的解決なのです。そこにダライ・ラマも二つの帽子を被り分けている理由が存在します。

 日本の政治家はその辺の情報に疎い面があります。それが、外務省の利権獲得の巣窟になっているのです。防衛省も同じです。米軍基地が消滅すれば利権を失うのは外務と防衛の官僚のみです。ですから、外務省、防衛省は政治家を動かして利権維持に必死なのであり、普天間基地問題はすでに日本の国内問題に過ぎず、アメリカは海外軍事基地のすべての撤退を視野に入れて動いているのです。

 そのために、今の民主党が掲げている官僚主導から政治主導へ、というスローガンは建前にしか過ぎず、ある意味では見せかけであり、ダミーであり、隠れ蓑なのです。多くの国民は騙され誤魔化されています。しかも問題なのはマスメディアがすべて財務省、外務省、防衛省の手先になってしまっている事です。

 日本は由々しき事態に陥っています。皆さんは真実に目覚めなければなりませ。そして、それは今でなければならないのです。

|

« 消費者物価指数11ヶ月連続下落! | トップページ | 米金融トップの注目すべき!発言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、奴隷です。aries
民主党政権を動かしているのは誰か?
この答えが解るヒントになる動画/インタビュを貼り付けます。

昨年出版された『日米同盟の正体』(講談社現代新書)の著者、元外務省国際情報局長である孫崎享氏の動画あります。
日米同盟と日米安保の違い、共通の認識は何か、在日米軍は日本を守らない、と元外務省国際情報局長である孫崎享氏はいっております。

長年最前線で米国と渡り合っていた外交担当者当人の言葉です。防衛大臣、外務大臣はいうに及ばず、総理大臣も理解していなかったでしょう、と。

現在問題の普天間基地のことも、沖縄の米軍は中東の紛争のために駐留しており、在韓米軍もしかり。

奴隷の言葉より貴方の耳で聞いて、頭で考えてください。
http://www.youtube.com/iwakamiyasumi#p/u/90/cJxUP6r-r1U
12まで有りますので時間を作って観て下さい。
また、記事は下のところに
http://www.iwakamiyasumi.com/column/politics/item_257.html

奴隷よりwinearies

投稿: 茅壁優治 | 2010年2月26日 (金) 20時06分

政治もなにもかも腐敗します
それが神の仕組みだと思います政治も、一般人も3000千年大掃除ですね

投稿: はて | 2010年2月26日 (金) 18時32分

武山です。いつもブログを読んでいただきありがとうございます。財務省利権とは税金を扱う事がすなわち利権構造です。外務省利権は、外務官僚がどんな収入を得ているか、それを調べれば一目瞭然です。防衛省利権は守屋事件を思い出してください。いずれも巨額の利権が存在します。その金額は、表に出ていないものを含めると多分仰天するでしょう。財務官僚はアメリカの洗脳さえ受けている可能性があります。彼らは日本人の仮面を被ったアメリカ東部エスタブリッシュメント達のイヌです。

投稿: | 2010年2月26日 (金) 16時55分

財務省、外務省、防衛省の利権確保とは何なんでしょうか。
この省庁官僚たちは、どこの国の人たちなのでしょうか。
一般国民を踏みつけにしている彼らは、その一般国民の税金で生きているはずなのですが。
彼らの生き方に大きな疑問を持ちます。

投稿: kenshin | 2010年2月26日 (金) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33540294

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党政権を動かしているのは誰か?:

» 「脱官僚」「官僚主導から政治主導へ」は・・・??? [母さんによる徒然・・・]
☆家人が帰って来て駐車場に車を入れた・・・ と思って見に行ったらだーれも居なかった?? 何でも見通しの出来るらしい、山寺のおしょさん に聞きに行って見ようっとw [続きを読む]

受信: 2010年6月16日 (水) 17時48分

« 消費者物価指数11ヶ月連続下落! | トップページ | 米金融トップの注目すべき!発言 »