« 城内みのる氏のブログの注目すべき記事 | トップページ | ネットの某所で見つけた記事 »

11年度予算が組めない!?

 菅財務大臣が不穏当な発言をしました。このままで行くと、11年度予算は6兆円余りの歳入不足となり、予算が組めない、と発言したのです。これでは財務大臣としては失格です。

 政府には方策があります。それを敢えて目を瞑って無視しているからです。どういう方策か。それは、国には通貨発行権があります。国が自前で通貨を発行すれば借金に計上する必要はなくなります。

 いまこそ政府通貨を発行するべきです。政府通貨を発行すれば財政規律が崩れ、ハイパーインフレになる、という議論があります。しかし、それは間違っています。なぜなら、わが国はデフレであり、流動性(通貨)不足だからです。また、日本経済はハイパーインフレにはなりようがありません。通貨の発行に見合うだけの生産力が存在するからです。この生産力とは世界第二位の巨大なGDPに裏打ちされています。ジンバブエや北朝鮮とは違うのです。

 日銀は通貨発行には規律がかけられています。バランスシートの維持のためであり、通貨の流通量に一定の枠を嵌めているからです。

 しかし、ここまで経済が落ち込み、流動性が不足して、デフレが進行して行けば、日本経済は崩壊して元も子もなくなり、財政規律など意味がなくなり、日本経済は突然死する他はありません。

 それを、予算が組めない、といって消費税増税に踏み込むのは、日本経済を奈落の底に追い込み、更なる地獄に追い突き落とすようなものです。ここは、政府通貨を発行し、経済を立て直すしか方策はありません。それが出来ない内閣は、政治を行う資格がないというべきです。

|

« 城内みのる氏のブログの注目すべき記事 | トップページ | ネットの某所で見つけた記事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。

定額給付金の時も
「貯金にまわす予定だ」と言う方もいらっしゃいましたね。

お金を所有していたいという欲もあるかもしれませんが

“将来の不安”という、私たちがつくり出してしまった集合意識が
お金をためこませてしまうのかもしれませんね。

お金は生活をしたり何かを体験をするための手段だったのに、いつの間にか目的になってしまったのかもしれません。


みんなが安心してお金を手放す事が出来るような世界を
また集合意識で創造しましょう♪

投稿: 花 | 2010年2月 1日 (月) 23時07分

武山です。このご質問こそ、デフレ経済の問題点を指摘しています。つまり、デフレではお金の値打がデフレが亢進するたびに上がるからです。即ち、デフレでは誰もお金を使いたくなくなり、消費が落ち込みます。世の中に出回るお金は貯蓄やタンス預金に回され、発行されたお札は動かずに死蔵されます。これがデフレの特徴です。お金は市中で廻ってこそお金の意味があるので、死蔵されればお金も意味がありません。ここが言われるようにお金が消える状態の原因です。

投稿: | 2010年2月 1日 (月) 21時34分

いつもありがとうございます。

私は経済&通貨にあまり明るくないのですが、

海外では基本的に日本円は使われないのですよね?

輸入や各種取引で海外流出しているお金は多いと思いますが、
お札を持ち出している(輸出?)するわけではないですよね?

市場に出回るお金が少ないと言われているのは一部の富裕層が貯蓄しているからなのでしょうか?

円(お札)はどこに行ってしまったのでしょう?
ふと疑問に思いました。

かなり初歩的な疑問で失礼いたしました。

おはずかしいので、記事に承認反映して頂かなくて結構です(笑)

ありがとうございます。

投稿: 花 | 2010年2月 1日 (月) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33205577

この記事へのトラックバック一覧です: 11年度予算が組めない!?:

« 城内みのる氏のブログの注目すべき記事 | トップページ | ネットの某所で見つけた記事 »