« 今日から1月3日まで更新を休みます | トップページ | 平成21年度11月税収25.6%減少! »

政府通貨の発行こそ今やるべき施策!

 読者の皆さん、明けましておめでとうございます。今年もどうぞ引き続いてご指導・ご鞭撻をよろしくお願い致します。地球温暖化などというプロパガンダが、まったくのでっち上げに過ぎない事を証明するかのようなこのところの寒さですが、寒さなんかに負けてはいられません。年末に開設された、公設の派遣村は予想を超える人数を収容し、国と自治体は二週間程度の延長を決めたようですが、遅きに失した感があります。これは、政府自らが大不況の認識が甘く、施策が後追いになっている証拠です。失業者の増加は日を追って激化しています。今や一刻の猶予も出来ない状況なのです。

 今日は役所や職場などの仕事始めのところが多く、さあ、これからやるぞ、と意気込んでおられる方も多いでしょうが、仕事もなく、将来に対して極度の不安を感じている方が確実に増えているのです。

 本当は、今日は普天間問題と米軍基地の事を取り上げる積りでした。しかし、失業と極端な生活不安が日本を覆っている現状を見るに付け、このままではどうしようもない、と思い話題を変えて日本のこの現状をどうしたら変えられるか、という事を書くことにしました。そのヒントとして、以下の今日の船井サイトの記事を参照してください。

http://www.funaiyukio.com/funa_ima/

 政府通貨の発行を説いていますが、このことは前提として、今の貨幣経済がいかに矛盾に満ちているかを認識する必要があります。はっきり言って、今の中央銀行を大前提にする資本主義経済は、搾取が目的です。

 これを打ち破るには、政府通貨、それも地域通貨が最も必要なのです。この極端な富の偏在と、貧困、国家間の不公平を生み出している状態は異常です。これでは、世界的な大破壊をもたらす究極の大戦争しか道は残されていません。それではすべてがオシマイです。そうならないために、今何が必要なのか、その一つのヒントがこの文章であり、もう一つは、化石燃料に頼らないフリーエネルギー利用を始めとするエネルギー革命です。他にも、医療や車依存の社会を変えることも必要ですが、いずれも一朝一夕には出来ません。しかし、我々に残された時間もまた少ない事がもう一つの差し迫った問題です。

|

« 今日から1月3日まで更新を休みます | トップページ | 平成21年度11月税収25.6%減少! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。奴隷です。
今年もお邪魔します。aries
ようやく政府紙幣の話が、偉い人々が言い出しました。3.4割の奴隷の皆さんが日銀券ではなく、政府紙幣を熱望すれば世の中変わるのですが。
政府紙幣がダメなら、地域通貨でも構わないのですが。以前にも書きましたが、奴隷を洗脳して、お金宗教にドップリ入らされ、お金を神様に祭り上げているのです。お金を持っていれば幸福まで買えると。(ただの印刷物ですが、)
なぜ日銀だけに紙幣発行権を委ねるのですか、森永卓郎氏のブログにありましたが、日銀も事業仕分けの対象にするべきです。http://www.nikkeibp.co.jp/article/sj/20091222/202377/?P=7

周りの人々に知らしてください。
今年も勉強しましょう。奴隷でした。fisharies
 

投稿: 茅壁優治 | 2010年1月 5日 (火) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/32850342

この記事へのトラックバック一覧です: 政府通貨の発行こそ今やるべき施策!:

« 今日から1月3日まで更新を休みます | トップページ | 平成21年度11月税収25.6%減少! »