« 70万アクセス達成! | トップページ | アメリカ最高裁は企業の政治介入を認める判決を出した »

東京地検特捜部による小沢一郎氏に対する任意の事情聴取終了

 今夕方、表題に書いたように、小沢一郎氏に対する東京地検特捜部による任意の事情聴取が終了したようです。この後、本人による記者会見が開かれるようですが、私はそれを聞いていません。しかし、おおむね発言の主旨は想像できます。詳しい内容については明日の新聞等で公表されるでしょうからそれを見て判断します。

 しかし、重要な事が一つあります。それは明日沖縄県名護市の市長選挙が投開票される事になっている事です。まさに絵に描いたように事態が進展している事に私はある種のシンクロニシティを感じています。事前調査も承知していませんが、おそらくこの結果によってはある異変が起きる可能性があります。よりにもよって、任意にしろ、小沢氏の関与によっては事件性を疑われる可能性のある事情聴取が行われた翌日に、焦点の地、沖縄県で選挙が行われるのは皮肉です。

 それは、辺野古の基地問題だけでなく、民主党に対する国民の判断です。ひょっとすると、予断を許さない結果が待っているかも知れません。そして重要なのは出た結果をどう判断するかです。

|

« 70万アクセス達成! | トップページ | アメリカ最高裁は企業の政治介入を認める判決を出した »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33098400

この記事へのトラックバック一覧です: 東京地検特捜部による小沢一郎氏に対する任意の事情聴取終了:

« 70万アクセス達成! | トップページ | アメリカ最高裁は企業の政治介入を認める判決を出した »