« 東京地検特捜部による小沢一郎氏に対する任意の事情聴取終了 | トップページ | 沖縄県名護市長選挙は新人の当選が確実に! »

アメリカ最高裁は企業の政治介入を認める判決を出した

http://moritagen.blogspot.com/

 今日は幾つかの重大なニュースが飛び込んできています。その一つが上記のサイト、森田玄氏の最新のブログ記事です。この記事によりますと、今問題になっている、企業の政治介入に一定の許可を与えたと同じ事が、連邦最高裁で認められた、という事になります。

 これはどうしたことでしょうか? 疑問に思われる方は多いと思います。しかし、私はある意味でこの時代の大きな流れの中で、人類の新しい黄金時代は一直線に実現するのではない、という実感を感じてもいるのです。

 要するに、この判決は一つの時代のうねりを示しているのではないか、と思います。大切なのは、ここで怯んでいてはいけない、という事です。この現象は、言わば揺り戻しです。

 日本でも多分同じ事が起きます。そして、次に来るのが庶民の盛り返しなのです。その原動力は「草の根運動」なのです。これではいけない、みんなで何とかしようではないか、という一人ひとりの意識改革なのです。

 時代は変わりつつあります。その動きは必ずしも目に見える訳ではないのです。私はそのためにこそこのブログを活用しようと思っています。アメリカの今回の動きはその警鐘になるものです。

|

« 東京地検特捜部による小沢一郎氏に対する任意の事情聴取終了 | トップページ | 沖縄県名護市長選挙は新人の当選が確実に! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33099005

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ最高裁は企業の政治介入を認める判決を出した:

« 東京地検特捜部による小沢一郎氏に対する任意の事情聴取終了 | トップページ | 沖縄県名護市長選挙は新人の当選が確実に! »