« アメリカ最高裁は企業の政治介入を認める判決を出した | トップページ | 激増する自殺者 »

沖縄県名護市長選挙は新人の当選が確実に!

 武山です。沖縄・名護市の市長選挙は新人が当選確実になりました。この結果は私の予想とは反対の結果になりました。しかし、却って民主党は難しい対応を迫られることになりそうです。というのは、それだけ辺野古への基地移転反対が根強いという事であり、今の民主党政権の選択肢がより狭められるからです。

 そして、この結果は、自民・公明両党にも深刻な打撃を与えます。つまり、両党の支持が依然として回復していない、という事であり、民主党が多少の失敗をしても、もう有権者は自民・公明連立政権に回帰する積りが無い事を示しているからです。またそれだけ自公連立政権の政治は、有権者に批判されたという事です。

 自民党の再生はこれで一層難しくなり、党内の離党あるいは分裂への動きが加速する事が予想されます。既に、舛添・鳩山(邦夫)氏などの新党構想が具体化しています。

 ただし、鳩山邦夫氏の動きは舛添氏とは別の動きをしており、平沼グループへの合流も視野に入れているようです。これで一気に自民党は分裂の気配を強め、さらに離党者が増加し、沈みかけた泥船の様相を示すことでしょう。要するに、昔を今に還すのは不可能だという事です。

 また、宿題として残った問題は、政治と金の問題です。この問題は、これから更に火を噴く可能性があります。これは、来るべき新時代の政治の在り方を指し示しており、もう政治に金を絡ませる時代は終わろうとしているという事です。

 また、資本主義が行き過ぎると、戦争を模索するようになり、富の偏在と貧困、不平等を生みだす事を多くの人たちが認識し始めたという事でもあります。

 今回の市長選挙の最大の争点であった普天間基地問題は、軍事基地が存在する事による地元への経済効果よりも、長期的に見れば、地元民の治安や安全、さらには世界平和への希求が強くなってきた、という事でもあります。政治家は、今後そのような住民の意志を見逃し、あるいは無視しては今後の政治への道は閉ざされることに気が付くべきです。

|

« アメリカ最高裁は企業の政治介入を認める判決を出した | トップページ | 激増する自殺者 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

精力的に更新されてますが、くれぐれもご無理なさいませんように。
名護市長選、基地依存の体質からの脱却、市民が真の自立に向けて立ち上がりましたね。
武山さんも書かれていらっしゃるとおり自民は既に過去の政党になりましたね。

投稿: ソラリア | 2010年1月25日 (月) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/33111850

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県名護市長選挙は新人の当選が確実に!:

« アメリカ最高裁は企業の政治介入を認める判決を出した | トップページ | 激増する自殺者 »