« 日本の財政は「サラ金地獄」に堕ち込んでいる? | トップページ | アスピリンとペニシリンは別物です »

郵政株式凍結法案成立!

 昨日の臨時国会最終日に、「郵政株式売却凍結法案」が成立しました。この時、亀井郵政担当大臣が議会の天井を見上げ、まさに天を仰いで感無量に浸っていたのは印象的でした。いろんなブログでその事を論じ、ひとまず、危機は脱した、と見ているブロガーが多い事を如実に示しています。

 しかし、私は完全に危機は脱した、とは見ていません。それは、民主党が果たして全面的に「郵政民営化」に本当に否定的で、この事を評価しているのか、とは決して思えないからです。その第一は、今回株式売却凍結法案が成立した、とは言っても、完全に郵便局が元の国営に戻ったわけではなく、いついかなる理由づけによって、郵政3事業がアメリカに乗っ取られ、資産を奪い取られるか、誰にも保証はできないからです。それは、名実ともに郵政が国家管理に戻され、郵便事業が法律によって保護・運営が国家保証されて初めて元に戻ったと言えるからです。今の形態のままでは、到底郵便3事業が保護・保証された、とは言い切れません。まだまだ抜け道はいくらでも用意されている、と見るべきです。

 民営化が騙しであり、決して郵便事業が民間のままで成功する訳はないのは、世界で郵便事業を民営化した国が次々と国家管理に戻している実情を見ても明らかです。日本人は、甘い、と、いわざるを得ません。要するに、民営化された現状のままでは、到底健全な郵便事業維持は不可能です。いつか問題がぶり返されて、またぞろ民営化の魔手が伸びてくるか知れたものではありません。金融にまつわる詐欺システムを構築している闇の存在はすべて消えた訳ではないからです。一層の厳しい守りを講ずるべきです。

|

« 日本の財政は「サラ金地獄」に堕ち込んでいる? | トップページ | アスピリンとペニシリンは別物です »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

武山です。申し訳ありませんが、現在、当ブログは相互リンクを行っていません。今後も行う意思はありません。いろいろ理由はあります。もちろん記事の引用や貼り付けはご自由にどうぞ。ブログランキングなるものもあるそうですが、一切そういうものには関係する意思もありません。

投稿: | 2009年12月 7日 (月) 08時15分

はじめまして。
サイト運営をしている者なのですが、相互リンクしていただきたくて、コメントいたしました。
下記のURLから、相互リンクしてもらえると嬉しいです。
http://hikaku.link-z.net/link/register.html
ご迷惑だったらすみません。突然、失礼しました。
ENKiKSFQ

投稿: 相互リンクのお願い | 2009年12月 5日 (土) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/32500279

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政株式凍結法案成立!:

« 日本の財政は「サラ金地獄」に堕ち込んでいる? | トップページ | アスピリンとペニシリンは別物です »