« COP15のオバマ大統領の日程変更 | トップページ | ミルトン・フリードマンの罪 »

ドバイショックが世界に拡がり始めた

 昨日から今日にかけてのネバダ投資情報によると、ドバイ・ショックの影響を受けて、ギリシャの格付けが引き下げられ、ロシアもおかしくなりそうです。米国のニューヨーク株式は100ドル以上も下げ、ユーロ/円も129円台にまでユーロ安になっています。

 この前申し上げたように、COP15の会議そのものが、先進国と途上国との対立が激化しており、COPからの離脱国も出てきそうです。二酸化炭素による地球温暖化説は、学問的に大きな疑問を投げかけられており、世界の90%以上の科学者の否定を受け、かつデータ捏造事件まで発覚して、プロパガンダの様相、さらには政治的陰謀の可能性さえ囁かれていて、組織の存続が問われそうです。日本のマスメディアを例に挙げるまでも無く、いまだにメディアはデータ捏造を詳しく報じておらず、メディア内部の苦悩を示しています。

 どうも、世界全体が、一つのカタストロフィーに向かって、刻々と時を刻んでいるように感じるのは、私一人でしょうか。

http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/

最新のネバダ情報は、ここをご覧ください。

|

« COP15のオバマ大統領の日程変更 | トップページ | ミルトン・フリードマンの罪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/32542682

この記事へのトラックバック一覧です: ドバイショックが世界に拡がり始めた:

« COP15のオバマ大統領の日程変更 | トップページ | ミルトン・フリードマンの罪 »