« ブログ記事が故意に改竄されたり、消されたりしている! | トップページ | 押尾容疑者逮捕のニュースについて »

コペンハーゲンでのCOP15の会議の時に何かが起きる

(ある人へのメール)

  武山です。こんばんは。あなたは今日は風邪気味だと仰っていましたので、もう今頃は、暖かい布団の中かも知れませんね。でしたら、明日の朝にでもこの文章をぜひ読んでください。と言いますのは、以前にも申し上げたように、出来事は一つの焦点に向かってシンクロニシティを起こしながら、あるタイミングを見計らって起こるように感じるからです。

 日本経済は、鳩山大不況とデフレが嵩じて、この年末にかけてまさに氷点を下回りそうです。氷が氷結するときはあるきっかけで突然凍るんです。今日の押尾容疑者の逮捕は、そのちょっとしたきっかけになるかもしれません。中国も不気味です。ロシアは先日起きたクラブでの火災が本当に単なる火災なのか。イギリスは国内の大銀行を中心にして、国家経済が破綻寸前です。アメリカも同様。既に米国内地銀は破綻を救済する余地を超えています。EU経済も、ドバイのデフォルトを契機にどう揺れるのか、まったく先が読めません。オバマ大統領の3万人アフガン増派は何が真の狙いなのか、今一つ説得力に欠けています。

 日本でも、現政権の屋台骨が揺らいでいます。外務省のラスプーチンこと佐藤優氏は、小沢民主党幹事長にも検察の手が伸びている、と読んでいます。総理大臣といえども、いつ何時犯罪者の汚名を着るか、知れたものではありません。

 そういう風に、ある時点に向かって出来事が焦点を結びそうです。そうです、その焦点とは、コペンハーゲンでの、COP15の会議です。これ程欺瞞に満ちた胡散臭い会議はないからです。

 どういう経緯かは知れませんが、突然、ある場所にハッカーが侵入し、地球温暖化のデータ捏造事件が発覚し、大騒ぎになりました。このデータ捏造事件は意外に大問題になりそうです。特にマスメディアは、もみ消しに躍起になっています。イギリスでは、大騒ぎとは裏腹な、胡散臭いデモ騒ぎが起こりました。

 このような最中に、COP15コペンハーゲン会議が開かれ、特に最後の日は、ノーベル平和賞を受賞したオバマ大統領を中心にして世界の国々の首脳たちが会談を開くようです。わが国の鳩山総理もコペンハーゲン会議に出席の予定です。

 その日とは、12月11日か12日です。私の直感では12日です。この日に何かとてつもない重要な出来事が起きるような気がしてなりません。ただし、何も起きないかも知れません。しかし、妙な予感がします。出来事が焦点をこの日に結んでいるような気がするからです。

|

« ブログ記事が故意に改竄されたり、消されたりしている! | トップページ | 押尾容疑者逮捕のニュースについて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

プサンの火災とロシアの火災にシンクロニシティを感じてしまいます・・

投稿: ポノ | 2009年12月 8日 (火) 20時48分

12日に演説するオバマ大統領の隣で、「ハロー、親愛なる地球の皆さんへ~」と、宇宙人より挨拶があると良いですね。

投稿: 大津 克義 | 2009年12月 7日 (月) 23時01分

とても力のあるページですね、とても勉強になります。ありがとうございます。
12日注目しています。

投稿: openmind | 2009年12月 7日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/32526845

この記事へのトラックバック一覧です: コペンハーゲンでのCOP15の会議の時に何かが起きる:

» ようやくTV報道され始めた地球温暖化のデータ捏造問題 [札幌生活]
ようやく大手メディアが地球温暖化データの捏造問題を取り上げるようになった。日本の大手メディアはそろいも揃ってCO2原因説に固まっているが、たまにはこの問題を取り上げ、もう一度地球温暖化問題に真剣に取り組んでみてはどうだろうか。... [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 11時14分

« ブログ記事が故意に改竄されたり、消されたりしている! | トップページ | 押尾容疑者逮捕のニュースについて »