« 今日は更新を休みます | トップページ | 情報操作に憂き身をやつす日本のマスメディア »

これから決意を新たにして日本を、そして世界を変えましょう

 お早うございます。昨日一日休んで掃除をしながら考えました。日本は、そして世界は病んでいます。今のままでの政治や経済の考え方では、早晩世界はそして日本は崩壊します。利権と貧困、国家間の不平等は根絶できず、社会の歪は増すばかりです。自民党がダメだから民主党ならどうか、と期待を込めて政権交代を促した人も多かった筈です。しかし、今から結果を出すのは早いようですが、今の民主党政権のやり方を見ていると、結果、いや、見切りをつけざるを得ません。まったく酷いものです。

 しかし、元の自民党政権に戻すのは、今さら元来た道を戻るようなものです。それを物語るように自民党からの離党者が出始めました。これらの人たちが何を考えて自民党を離れる決意をしたかは知る由もありませんが、確かに偶然では無いようです。大なり小なり今の政党政治に限界を見ているのでしょう。

 一つ例を挙げます。あの911テロ事件のことです。いままで、政界でこの事を声高に問題視しているのは、民主党の藤田議員のみでした。藤田議員の勇気ある行動を賞賛していますが、なぜ数百名もの国会議員がいる中で、この事を取り上げる国会議員が一人だけなのか、疑問に思ったのは私ひとりではない筈です。しかし、ここに来てもう一人、民主党の齋藤議員という人が名乗りを挙げてくれました。

 ですが、私が疑問に思うのは、911テロ事件のみではありません。民主党であろうが自民党であろうが、法を犯し、犯罪行為をした者はすべて犯罪者です。それが、脱税であろうが、選挙違反であろうが同じ事です。もうそういうことを許したり、大目に見ていては、社会は変わらない、ということがはっきりしました。民主党でも、自民党でも、何党でも同じ事です。一人二人を殺せば殺人罪に問われるが、数千人単位で殺人をすれば英雄視される、とは昔よく言われた言葉です。しかし、今もその言葉が通用するのは、この社会がいかに遅れているかを証明しています。

 今も、日夜自殺者が増え続けています。多くの人は、自殺者は3万人から4万人までだ、とお思いでしょうが、現実はそんな程度の数字ではありません。家族の気持ち、世間体、あるいは意図的に自殺ではない、と隠されている自殺者がこの数字よりもはるかに多いのです。近年、増え続けているのが経済的理由と病気を理由にした自殺です。経済的理由は政治の貧困に依ります。しかし、病気は止むを得ない、と思っている人が大多数でしょう。しかし、そうではないのです。病気は、医者のマッチ・ポンプ行為によって助長されている証拠があるのです。ガン治療がその最たるものです。これ以上は言えませんが、新型インフルエンザ対策一つを取っても、今の政府は、正しい処置を取っているとはとうてい言えません。地球温暖化に関する疑惑もまた同様です。私達は、その最も信頼すべき政府そのものから欺瞞を以て遇されているのです。こんな政府が、あるいは政党が、新しい世界に必要でしょうか。

 民主党は、マニフェストを盾にとって先日の総選挙に大勝利を勝ち取り、政権交代を果たしました。しかし、事業仕分けから始まって、多くの欺瞞行為、目晦まし、詐欺的行為によって、またもや自公連立政権に勝るとも劣らない国民無視の政治をやろうとしています。私が民主党のみを非難攻撃しているのなら責められても文句は言えません。そうではないのです。911テロという誰が見ても分かりきった、ヤラセ、フェイクを公然と批判している国会議員は、数多い国会議員の中でたった二人しかいないのです。自民党にいたっては、ブッシュ政権の戦争思考の欺瞞やウソをいまだに公然と認めたままです。ウソだと思うのなら、イラク戦争開始の時の日本政府の対応、戦費の負担、イラクへの派兵、などどれを取っても正当なものは何一つないではないですか。今からでも遅くはありません。自民党も公明党も、世界平和を標榜し、国民を幸せにしようと本気で考えているのなら、まず自公政権時代の自己批判と総括を先にやるべきです。それがないのなら、自公政権の衰退は身から出た錆、と言う外ありません。

 第一、所得税なるものの正体を、国民はまったく知りません。所得税はそもそも戦争のために創設された税なのです。日本は憲法によって戦争を放棄しています。戦争をしてはいけないのです。だから、戦争を前提とした税など存在そのものが意味がないのです。それを、事もあろうに、増税に告ぐ増税で、国民から搾り取り、あまつさえ、総理大臣そのものが脱税行為を働く、という言語道断な政府なのです。これで、健全な国家と言えるでしょうか。

 一日も早く、こういう腐り切った政府、政党政治は禁止し、まったく新しい政府、政治を始めなければなりません。それには一人の力では不可能です。「草の根の運動」が必要です。いえ、一人で言っているだけでは不可能です。あなたの身の回りの一人ひとりから始めてください。一人がふたり、三人と広がっていくにつれて輪が大きくなるのです。要するに、百匹目のサルを目指すのです。そうしないと、地球は救えません。いや、諦めるのはまだ早いです。夜明け前が最も暗い、というのも真実です。夜明けはすぐそこに近づいています。

|

« 今日は更新を休みます | トップページ | 情報操作に憂き身をやつす日本のマスメディア »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

お家が綺麗になったようでよかったですね。

私も過去の経験から、片付けと掃除は再優先事項にしております。

さて、私の記憶がたしかならば
あるチャネリング情報では、いずれ政党はなくなり
本当に国民や世界に奉仕しようと望む方が政治家になるとききました。

そのような選択もあるのだと思いました。


健康に関してですが、私も若い時から体に不都合が多く、
病気で失望された方の気持ちをお察しいたします。
病気は最終的に経済問題にも直結します。

健康回復への道のりで私が気づかされた事は

自分の体の事なのにいかに知らな過ぎたか
体の声を尊重してこなかった


自己免疫の大切さ


そして

日常生活で不要なものをとりすぎていた事です。


ここではあまり具体的な事は書けませんがひとつ言えるのは

自分の健康を、
他人に依存し過ぎるのはあぶないという事です。

投稿: 花 | 2009年12月24日 (木) 13時15分

いつも武山さんの卓見を読ませていただき

目を覚ましています。

ありがとうございます。

ところで、武山さんのお怒りはご尤もとしても

庶民である私たちには権力というのは圧倒的で

投票行動以外にさしたる術はないと思います。


日本国民の幸せのためにはと

対米隷属からの離脱にまだ期待していますが、

それも来年の普天間基地の行方が決まるまで

今しばらく待つほかないようです。

オバマさんもCIAとの対決で余裕なく

もう必死です。

そのためアフガンにのめり込み

アセンション・デカップリングどころか

911フェイクの繰り返しのような行動に

出ようとしてるのではありませんか。

日本の自主独立のために

そして国民のしあわせのために

大局さえ誤らなければ

もう少し寛容精神もある程度必要かと思います。

いかがかしら?

投稿: 千鳥 | 2009年12月24日 (木) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/32717997

この記事へのトラックバック一覧です: これから決意を新たにして日本を、そして世界を変えましょう:

« 今日は更新を休みます | トップページ | 情報操作に憂き身をやつす日本のマスメディア »