« 沖縄の普天間基地問題 | トップページ | ブログ記事が故意に改竄されたり、消されたりしている! »

COP15について

 今日のマスメディアの報道を見てください。あいも変わらずCOPコペンハーゲン会議の内容について詳しく報じていますが、これほど矛盾した、世界中の人々をバカにした報道姿勢はありません。

 なぜなら、二酸化炭素による地球温暖化を90%以上の科学者が否定し、地球温暖化のデータそのものが改竄されていることを暴露されているのにも関わらず、いまだにこのような報道姿勢を貫いている事がいかに不自然であるか。先日も、地球温暖化に対して、危機感を持った、と称してイギリスのロンドンでデモが起きたと大新聞がこぞって報じましたが、内容は、高々2万人がデモに参加しただけというお粗末なものでした。アメリカで起きたシカゴでのデモは100万人を超えていたにも関わらず、数万人規模だったとNHKは報じました。

 このデモは、調べてみないと分かりませんが、イギリスのある勢力が画策した疑いもあります。なぜなら、データ捏造が発覚したのは発端がイギリスであり、抗議運動が起きたのはイギリスが最初だからです。

 今日も、日本のCOP15の姿勢について、国際会議からの離脱もほのめかしている、と報じていますが、このことがいかに不可解なやり方であるか、事実を知っている人はマスメディアの報道そのものに疑問を持っている筈です。いまさら、COPで地球温暖化を論ずる事自体が無意味である、と言うほかないからです。

|

« 沖縄の普天間基地問題 | トップページ | ブログ記事が故意に改竄されたり、消されたりしている! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/32521051

この記事へのトラックバック一覧です: COP15について:

« 沖縄の普天間基地問題 | トップページ | ブログ記事が故意に改竄されたり、消されたりしている! »