« ドバイ政府がデフォルトを宣言! | トップページ | オバマ大統領によるET実在の真実発表の延期について »

株安・円高が止まらない!

 昨日のドバイの衝撃的な債務支払い停止宣言につられる形で、ヨーロッパと日本の株安が止まりません。ドバイでは、一部の資産家が関連する債務の支払いを支援する旨の意思表明をしていますが、現実的には株価の下落を止めるまでには至っていません。ロンドン市場は一時取引が停止されましたが、技術的な理由であると言う説明は空しいものであり、売り注文が殺到した結果である、と噂されています。ニューヨークは感謝祭で休日ですが、休み明けの指標となる先物取引では、既に180ドル近い値下がりとなっており、危機的です。

 日本では、金融株が軒並み値を崩す展開となって3大メガバンクとも大幅な売り越しになっています。これから後場にかけても値を戻す展開は予想しにくく、続落は避けられそうもありません。

 為替も1ドル84円台の売り買いで、輸出関連企業の苦境はさらに厳しさを増すでしょう。いずれにしても、これから年末にかけて政府が余程本腰を入れて景気回復を図らなければ、日本経済は壊滅打撃を受ける可能性が高まっています。私に対して昨日もコメントで民主党政権に批判的なのは意味がない旨の指摘がありましたが、一日一日を命を削る思いで過ごしている庶民にとって、そんな悠長なことを言っていられる身ではない事も実感するべきです。政府は今こそ躊躇なく画期的な景気刺激策を直ちに打ち出し、実行するべき時です。遅れれば遅れるだけ取り返しの付かない事態に落ち込みます。事業仕分けや、予算削減などと言っている間に、日本経済は沈没しかねません

 これから年末にかけて、倒産、失業の憂き目を見る人は数知れず、自殺者の増加など、まさに地獄の展開になる可能性があります。政府は直ちに行動を起こすべきで、併せて庶民は、政府に決起を促すべき事態です。

|

« ドバイ政府がデフォルトを宣言! | トップページ | オバマ大統領によるET実在の真実発表の延期について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!武山さん。初めてコメント致します。
いつも拝見させて頂いております。更新ありがとうございます。
公式発表の件、遅くとも二ヶ月以内にはあると思います。もう延ばせないと。
マシュー君のメッセージで言っておりました!
これからも拝見して勉強させていただきます。いきなりで失礼致しました。

投稿: 愛 | 2009年11月27日 (金) 14時30分

 武山です。ご質問の件は既に私も知っています。これについては、私は別な見解を持っています。それは今夜のブログの更新時に書く積りです。しばらくお待ちください。この件は、単にご質問にお答えする、という形だけでは済まない問題だからです。

投稿: | 2009年11月27日 (金) 12時46分

最新のふるやの森で
どうやら27日はなくなったようです。

さらに、いつかは実現するだろうという
ことで、もしかしたらもう何年もないのではないかと・・・

武山さんの見解をお聞きしたいです

投稿: DH | 2009年11月27日 (金) 12時14分

これまでのデタラメ政治のしわ寄せが来ている緒です。知識時代の教育にそれが現れています。
文科省と学校が、どれほど腐っているかを知っていますか。
事業仕分け大賛成です。
文科省官僚が計画した事業は、全て廃止すべきと思っています。
文部科学省の仕事は、質の高い教育を提供し、子供達が良い社会生活を送れるようにすることです。ところが、官僚達は、デタラメ政策で子供達の人生を台無しにしました。
大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのも文科省官僚です。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人を作る学校は、教育機関と名乗る権利を失っています。学習塾や家庭教師に助けられる学校教員は、現在の半分の給与さえ受け取る権利がありません。
文科省こそ、日本社会を衰弱させる癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてのイカサマが分かります。絶対に許せません。
不道徳で無責任な腐敗官僚の行う事業は、国民にとって危険です。
事業仕分けで、文科省を廃止すべきです。

投稿: yamato | 2009年11月27日 (金) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/32382765

この記事へのトラックバック一覧です: 株安・円高が止まらない!:

« ドバイ政府がデフォルトを宣言! | トップページ | オバマ大統領によるET実在の真実発表の延期について »