« 来るべき人類の次元上昇(アセンション)には食改善が不可欠 | トップページ | 思いやり予算? »

ET存在の真実を公表することの意味

 今日遅くに記事をアップする事をお許しください。どうしても今日中に書いておきたい事があるのです。さっき、「ふるやの森」を覗いてみたらマシューメッセージのダイジェストがアップされていました。

 それで、思い付いた事があるのです。ET存在の公表が近付いている、という事は、何を意味するのか。つまり、多くの人はその意味する事に、余り気が付いていないのではないか、という事です。

 それは、単にチャネリングメッセージで特殊な受信能力を持った人が公表するのとはわけが違うという事です。国レベルで、ある程度の公的機関が、大きな目的を持って公表する、という事を意味しています。それも、宇宙人が存在するという事だけでは、勿論なく、攻撃的意思をも持っていない、平和的な交流が始まるという事も意味します。なぜなら、攻撃的、かつ破壊的意味を持つのなら、単にアメリカだけでなく、全世界が反撃の意図を持って、どう対処するべきかをとうの以前に決めて置かなければ、到底意味をなさないからです。

 つまり、今回の公表が、人類の歴史始まって以来の、画期的、かつ平和的異星知性体との交流の始まりであり、そのうえ、地球人類よりも数段優れた知的能力を持った生命との交流の始まりと見られるからです。それは、地球に到来するまでの距離を飛来して来る事、そのテクノロジーと平和的意図、すなわち征服であれば、奇襲攻撃が最も有効であるにも拘らず、事前に交流を意図して訪れる事にも表れています。

 それよりも何よりも、既にアメリカを始めいくつかの国では異星人との交流を過去に行っていたフシが見られる事です。今回、特にアメリカが先頭に立ってイベントを行おうとしている事は、それらの事がすべて了解済みである事が暗示されています。既に、ある程度の打ち合わせを行って、公表する内容を協議済みであることが予想されます。事ここに至っては、もう後に引き返せない時点にまで至っている事も考慮すべきです。

 世界中の人は、この事を、果たして理解しているのでしょうか。まさに驚天動地の出来事となる可能性が高いのです。少なくとも、事態を知っている人はその事を事前に理解し、周りの人に教えておく必要がある、と思うのですが…。

|

« 来るべき人類の次元上昇(アセンション)には食改善が不可欠 | トップページ | 思いやり予算? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/32303188

この記事へのトラックバック一覧です: ET存在の真実を公表することの意味:

« 来るべき人類の次元上昇(アセンション)には食改善が不可欠 | トップページ | 思いやり予算? »