« 現在の地球温暖化説は情報操作に基づいています | トップページ | 普天間基地問題も北方領土問題も解決は時間の問題です »

地球温暖化の真の原因

 昨日の記事で、少し書き足りない部分がありますので今日の記事で補足をしておきます。それは、地球温暖化の真の原因は何か、と言う事です。

 地球は、ここ20年ほどやはり温暖化を継続して行っているようです。こういう言い方を私がするのは、現実には地球が生きており、はっきりと自らの意志で何かをやろうとしている、と感じているからです。

 もはや知能を持っているのは人間だけであり、その他の人間を取り巻く自然や物も、何の意識も知性も持ち合わせてはいないという人間のみの傲慢な自然観は捨て去るべき時期に至っています。

 地球は生きています。われわれ人類の新時代への移行は、そこに軸足を移して一から出直さなくてはなりません。地球は自らの意思で温暖化を図っています。そこには、中心としての太陽=ヘリオスの存在があります。また、大きくは銀河中心のグレートセントラルサン=2万6千年毎に遭遇するフォトンベルトの働きもあります。現在の温暖化の段階は、銀河系や太陽の活動を中心にして起きています。それは、決して危機的なものではありません。地球が自らの意思で、自らの体である地球の自然を修復しようとしているのです。

 人間は、そのために地球の自然環境の破壊行為を直ちに停止しなければなりません。まず、化石燃料の採掘と使用を止める事です。続いて戦争行為による自然破壊を一切認めないことです。核爆弾の使用や原子力発電などはもってのほかです。これらは一部の権力者たちの支配のための利権の道具に利用されているのに過ぎません。では、人類が当面している、エネルギーや食糧危機はどうするのか。しかし、それらは元々存在しないのです。やはり一部の支配者層が富を独占するため、エネルギーと食料を寡占状態におくため様々な工作を行った結果、歪められた科学技術と遺伝子工学等を駆使して人類の生きる道を制限してきたのです。

 これらが、今後近い将来すべて秘密が解除=ディスクロージャーされ、新しい世界観が導入されるのです。フリーエネルギーや病気の完全な治療方法、新しい経済システムの構築、産業構造の改革などが時を置かずに実現されるでしょう。

 地球温暖化は、こうした地球自らの修復行為として起きているのです。ですから、地球温暖化防止のために新しい税金を創設すなどと言う事は、もっとも我々人類の進歩と発展を阻害する行為なのです。私が、地球温暖化は情報操作だと決め付けるのはその理由からです。騙されてはいけません。その手先はマスメディアなのです。

 地球温暖化は、地球自身が望んでいることであり、人類や生物たちの生きる道を大きく広げ、豊かで汚染の存在しない地球環境を取り戻す試みなのです。

 温暖化によって、食料の増産や生物の生存環境の浄化が図られ、水も意識を回復し、嵐や地震も減少させることが可能です。地震は地球から原油などの鉱物資源を抜き取ったための地球の身震い、苦悶の表情の現われなのです。地表をコンクリートやアスファルトで固めては地球は窒息してしまいます。水に毒物を混入しては、地球自身が中毒します。空気中の酸素は植物が生み出しているのです。かといって、空中の二酸化炭素は、植物の栄養の一つである事も事実です。すなわち、地球環境は循環によって健全に保たれているのです。

 最後に付け加えておくべき事があります。それは、地球自身の振動数が上がっている結果、温暖化が進んでいる、という可能性があることです。地球は4次元を通り越して、5次元に移行しようとしているからです。

|

« 現在の地球温暖化説は情報操作に基づいています | トップページ | 普天間基地問題も北方領土問題も解決は時間の問題です »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/32232328

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化の真の原因:

« 現在の地球温暖化説は情報操作に基づいています | トップページ | 普天間基地問題も北方領土問題も解決は時間の問題です »