« 普天間基地問題も北方領土問題も解決は時間の問題です | トップページ | 1兆円の事業仕分け? »

経済産業大臣のフライング?

 直嶋正行経済産業相は16日午前、石油連盟(会長・天坊昭彦出光興産会長)との懇談で発表前の7~9月期の国内総生産(GDP)速報値を漏らした。午前8時から始まった懇談の冒頭のあいさつで「前期(4~6月期)比1・2%増はいいようにみえるが、まだまだ戻りきっていない」などと述べたという。特定の業界団体だけにGDP速報値を明かしたことで、市場から不信感をもたれることは避けられない。

  これは直嶋経済産業大臣のフライングではないかと、今日の産経新聞が報じていますが、もっと重大な事態です。それは、この数字を発表したのが公式発表の前、株式市場が開く前であったためです。

 また、実質で年率プラス4.8%の経済成長であっても、デフレ時は名目数値の方が経済の実態を正確に表わしており、名目ではマイナス0.3%の落ち込みになっているからです。経済産業大臣ともあろう政府の幹部のお方がその事をも理解しないで、なおかつフライングと思しき発言をした、という事になると重大問題です。なぜなら、こういう速報値はすぐに株価に現れるのが普通であり、事がアメリカであったら、すぐさまインサイダーではないか、と疑われて告発までされかねません。幸い株価は反応しませんでしたが、そういう不用意な発言を民主党内閣の経済閣僚が行うところに日本の内閣の脇の甘さが目立つのです。

|

« 普天間基地問題も北方領土問題も解決は時間の問題です | トップページ | 1兆円の事業仕分け? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/32235624

この記事へのトラックバック一覧です: 経済産業大臣のフライング?:

« 普天間基地問題も北方領土問題も解決は時間の問題です | トップページ | 1兆円の事業仕分け? »