« 経済産業大臣のフライング? | トップページ | アウンサン・スー・チーさんがミャンマー軍政に協力? »

1兆円の事業仕分け?

 お早うございます。いよいよ時代の節目を迎えました。様々なものが音を立てて崩壊し、新しい地球本来の息吹が始まりそうです。

 さて、民主党政権が主導している事業仕分けが山場を越えました。しかし、見てください。これほどまでした目玉事業にも関わらず、浮かせた資金は1兆円余りに過ぎません。仮に、今日本の国内で流通している日銀券=円は幾らくらいだと思いますか。すべて仮定として計算してみましょう。流通しているお金が1000兆円(家庭や市中銀行に眠っているお金を含みます)としますと、これも仮定で、公定歩合という日銀が決めた金利が0.1%として、これが日本中で流通しているお金の使用料として日銀に入るのが1兆円です。つまり、これは何を意味しているか、と言う事です。政府が政府通貨としてお金を発行すれば金利(通貨使用料)はゼロです。これを政府発行通貨にすれば、民間銀行である日銀に支払う必要のないお金です。

 つまり、あれほど騒いで工面した予算削減で生み出したお金とほぼ同じなのです。どうですか。何か変だと思いませんか。日銀など廃止しましょう。

 何回か前の記事に、茅壁優治氏が大変重要な資料を、コメントの中に貼り付けてくれました。ここでもう一度貼り付けてもらいます。

|

« 経済産業大臣のフライング? | トップページ | アウンサン・スー・チーさんがミャンマー軍政に協力? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。奴隷です。aries
今回の記事、中央銀行制度がいけないのです。
国民が使うお金をなぜ、民間銀行が出すのですか。可笑しいと思いませんか。sign02
日本銀行と、マヤカシノ名前を使って、さも、日本政府が出しているかのような、名前。日本の宗主国アメリカでは、THE UNITED STATES OF AMERICAと、FRBのお金。アメリカの憲法上のサインでは小文字でThe united states of americaです。誤魔化しているのです。
皆さん、このこと(お金の仕組み)を勉強し皆に拡散しましょう。
http://www.anti-rothschild.net/material/animation_07.html
ここの中にリンカーンが発行したグリーンバック紙幣のことについて、前回も書きましたが、1865年ロンドンタイムズ誌は、「もし北アメリカを起源とするこの有害な金融政策…が固定化すれば、政府は自らの通貨を何ら費用をかけずに供給することになるだろう。それは借金を完済して最早借金のない国となる。通商交易に必要な通貨を全て自前で持つ事になり、世界の歴史に例を見ない繁栄を遂げる事になる。全ての国々の頭脳と富が北アメリカに流出するだろう。あの国は破壊されなければならず、さもなければあの国が地球上のあらゆる君主制度を破壊するだろう」。何たる驚くべき言説でありましょう! これは合衆国を銀行の力から解き放つ上でグリーンバック紙幣が如何に強力であつたか。 貼り付け終わり。
皆さん勉強し皆に話してください。洗脳から抜け出しましょう。
奴隷より。happy01winearies

投稿: 茅壁優治 | 2009年11月17日 (火) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/32245185

この記事へのトラックバック一覧です: 1兆円の事業仕分け?:

« 経済産業大臣のフライング? | トップページ | アウンサン・スー・チーさんがミャンマー軍政に協力? »