« グノーシス思想の真髄を伝える異端の書「トマス福音書」 | トップページ | 急激な日本の株価上昇は危険! »

総理大臣の犯罪!

  http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/

        (4億円の脱税でも無罪?の鳩山総理と円への信任)

 まず上記に掲げたサイトをご覧ください。表題のテーマで有名なのは、田中金脈事件で逮捕された田中角栄元総理です。その田中角栄元総理の犯罪性を疑うものはほとんどいないでしょう。しかし、田中元総理が受け取ったとされる5億円は、田中氏のポケットの中に納まった訳ではないのです。(この事実については既に何冊かの書籍で詳細に述べられています)

 しかし、鳩山総理の脱税疑惑は、4億円と言う巨額の金額にも関わらず、本来収めるべき義務がある個人の収入を、税金逃れをした、というれっきとした犯罪行為です。秘書がやったことだからオレは知らない、関係ない、ということでは誰がどう考えても通りません。何といってもその4億円という金額は、鳩山氏本人の金だからです。どこの誰が、人様の金を、自分の金ではないことを承知の上で、これは俺の金ではないから、と言いながら、自分で断りもなしに税金を払わずに済ませますか。バレたら脱税で捕まりますよ。それも自分を雇っている雇用主ならなおさらの事、主人に言わずに無断で脱税などする筈がありません。

 しかも、田中角栄氏とは異なり、自分の懐にちゃんと入れているんです。こんなバカなことがありますか。現在では、田中金脈問題は米国からのリークで起きた、という事実が証明され、大多数の人が知っています。あのカネは、ちゃんと自民党の金庫に入った事が多くの人に知られています。それに引き換え、鳩山氏は自分の懐を肥やしているんです。この違いは誰が見ても明らかです。

 このような事は、マスメディアはすべて知っています。知った上でキチンと報道しないのです。田中金脈事件も発覚前にマスメディアは知っていました。知っていたのに当初は報道しなかったのです。それは、確かに田中氏が現職の首相であった事が関係しているでしょう。ですが、発覚したのはあるジャーナリストが雑誌の記事で暴露したのがきっかけでした。それから、堰を切ったように情報がマスメディアを駆け巡ったのです。その後押しをしたのが米国のある組織であったのは周知の事実です。これはロッキード事件として歴史に名高い疑獄事件として残っています。ですが、事件の深層はいまだ深い謎に包まれて闇の中に埋没したままなのです。もし、これがすべて洗いざらい表に出る事があったら、世間はひっくり返るでしょう。それほど首相の犯罪は大きいのです。

 もし、この鳩山脱税事件がいま表に出ることなく、闇に葬られたら、後日事件が表沙汰になった時、今度こそマスメディアの報道責任が問われ、マスメディアの存在そのものが否定されるでしょう。それほど責任が重いのです。

 いまだマスメディアは鳩山総理の脱税について、犯罪であり、総理の責任を問う報道姿勢は示していません。これは大問題です。メディアの存在意義に関わる問題です。それによってまじめに報道に携わっている一般の記者までが同類に判断されます。事実を把握している記者諸君は今こそ意を決して真実を報道するべきです。もしこれがデスクに拒否されても、自分の職を賭しててでも実行する覚悟が必要です。

 日本はいま危急存亡の危機に立っています。これは首相の重大犯罪だからです。

|

« グノーシス思想の真髄を伝える異端の書「トマス福音書」 | トップページ | 急激な日本の株価上昇は危険! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、奴隷です。aries
4億円ですか。gawkイルミナテーは違いますね。お金の値打ちが如何なのか、奴隷には解りません。贈与税に成るのか、親子の貸付か、東大出でしょう。モツト頭を使ってくださいよ。annoy政治団体を使えば、税金がかからず贈与できるでしょう。宇宙人は奴隷には解りません。lovely
贈与だったら、税金を払ってください。罰金も払って。annoypunchhappy02
奴隷は、自動車税も払えず、昨日赤紙が来ました。トホホ。bearing
それでは、お休みなさい。奴隷より。penguinaries

投稿: 茅壁優治 | 2009年11月30日 (月) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/32425409

この記事へのトラックバック一覧です: 総理大臣の犯罪!:

« グノーシス思想の真髄を伝える異端の書「トマス福音書」 | トップページ | 急激な日本の株価上昇は危険! »