« ある人へのメール | トップページ | ジョン・ルース駐日大使のこと »

植草事件の政治的謀略性を暴露するべき時期が来た!

 最近、私はパラダイムの大転換が近い事を申し上げました。そうすると、日本の社会の中で、様々な謀略事件の真実が表沙汰になり、そのような事件を、誰が、何のために引き起こしたのかがすべて明らかになります。

 そうしたとき、最も大切な事は、大多数の人達がその謀略性を疑うことなく信じて来た過程を、正しく真実をあからさまにして、知らせるべき義務がどこかに存在する、という人間社会の掟がある事実を認識しなければならない事です。

 誰が、何のために引き起こしたかは、これから明らかにされるでしょうが、それよりも、この冤罪事件をそのまま信じた一般大衆が、真実が暴露されたとき、相当なショックを受けかねない、という危惧が厳として存在する事です。多くの人々が騙されました。まったく破廉恥な事件であったからです。

 しかし、話題性のみを追求してきたマスメディアは、ことによると、その責任すら取ろうとしない恐れが大です。この植草事件の本質は、マスメディアが真実をまったく伝えようとせず、冤罪の可能性すら、もみ消し、日本を救おうとした、完全に正しい一人の正義感に燃えた人物を、破廉恥事件に見せかけて闇に葬ろうとした事にあります。本当は、誰が、何のためにやったか、ということよりも、その追及の方が大切なのです。真実が明らかにされた時、日本の社会が大きく傷つく可能性が高いからです。

 新しい、より完全な世界の到来を、心底祝福して迎えるためには、このような、大きな傷を残したままにする事は、将来に禍根を残すことになります。マスメディアにその責任を負わせることは大切です。しかし、そのニュース報道をそのまま信じて評価した一般庶民は、騙されていた、と言うだけでは済まされない一種のやり切れなさが残るのも事実の筈です。

 この事は、歴史の様々な場面で起こり得ます。ですが、最近もっとも大きく人々を人間不信に陥れ、人々に顰蹙を買わせた事件として、植草事件は群を抜いています。それは一部の人間によって仕組まれた陰謀である、と済ませる訳には到底行きません。この事件を報道したマスメディアは責任を痛感しなければいけませんが、その責任の取り方には、ともすると、根本的に逃げの姿勢が混入する可能性が大です。

 何度でも言うようですが、多くの人は、この事件を興味本位でとらえ、興味本位でニュースを買ったのです。一般庶民にも責任の一端がある、というのはそういう事です。もうその時期に来ているのです。皆さんは、いまだにこの事件を痴漢事件だと誤解している人々が実に多い事を知るべきです。そして、一人ひとりがその誤解を解く努力を重ねるべきです。一人ひとりの思い込みは重いものです。それらが積もり積もって、社会の恥部の澱のように人間社会を毒しているのです。その事を恥じて下さい。我々一人ひとりの責任です。

|

« ある人へのメール | トップページ | ジョン・ルース駐日大使のこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

以前、野村総研に勤める若い知り合いに、植草さんの話をしたところ、「会社で恥知らずといわれている人、冤罪とか裏側の謀略など信じられない。たとえ国策逮捕だとしても、国がやることなのだからそれは正しいのではないか」ということを言われ、唖然としました。
能力が高くても、洗脳されると、一方的な見方しかできなくなるようで、恐ろしいと思いました。
いろいろなことが公表されても、信じない人は信じないかもしれません。
今は情報があふれ、どの情報を信じるかは、個人の直感や、感性、魂の質?にかかわってくるように思います。
それにしても植草さんの名誉が回復することを願ってやみません。

投稿: りんご | 2009年10月18日 (日) 07時45分


心から真実が明るみに出る事を期待し、そして、信じています。

最近の雑多な報道、冷静に自分自身の『良心』の網を通すと、かなりのニュースが意図的で、何かおかしいな? と感じます。

誰が何故、何が欲しくて熾烈な謀略を起こすのか、糸は繋がっているのですね。

投稿: ヨモギです | 2009年10月17日 (土) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31823361

この記事へのトラックバック一覧です: 植草事件の政治的謀略性を暴露するべき時期が来た!:

« ある人へのメール | トップページ | ジョン・ルース駐日大使のこと »