« 今日も出張でした! | トップページ | 新たな第三の道へ »

もはや鳩山・民主党政権に期待していては日本が崩壊する

 こんばんは。遅いですが、これから記事を更新します。先ほど、ほとんど記事を書き上げ完成していたのですが、どういう訳か保存に失敗し消えてしまいました。それで、もう一度新たに書きます。

 鳩山政権は既に先が見えました。今からそんな事を言うのは不謹慎のようですが、既に衆議院選挙が終了して40日近くも経つのに、政策立案のための臨時国会すら開かれず、総理の施政方針さえ明らかにされていません。これは異常です。まして、日本経済は日に日に悪化の度を加えており、もはや一刻の猶予もありません。

 私が鳩山・民主党政権を見限るべきだ、というのにはいくつかの理由があります。

 その第一は、日本の経済状況を完全に無視した温暖化ガスの無条件25%削減です。いま、政府内でこれを実現するためにいくらの経済負担が新たに必要か、再計算しているようですが、これでは順序がアベコベです。少なくとも事前に負担がいくら増えるのか国民の了解が必要の筈です。それよりも、温暖化は二酸化炭素が原因である、とういう証拠はどこにもありません。気候変動国際パネル=IPCCは、そもそも温暖化ガスが気候変動の原因である証拠はない、と結論を出しています。それを今更温暖化ガスの排出権などという見え透いた利権取引に結びつけるような25%削減を国際公約にするようでは、的外れもいいところです。またこれを実現するために日本の産業界は大変なダメージを受ける可能性が高いです。

 第二に、これも利権に結びつく原子力発電を推進しようとしている事です。二酸化炭素の排出を防ぐ目的のようですが、この狭い日本にこれ以上危険な原子力発電所を建設しようとする事は、気違いじみています。原子力発電は、ユダヤ金融財閥の別な利権に基づいています。

 第三に、喫緊にやるべき事は、内需の拡大と、雇用の改善です。完全失業率が改善した、というのは、政府の数値の改竄によるものです。内需の縮小は危機的ですらあり、もはや中小企業のみでなく、大企業さえ倒産の危機が迫っています。一刻の猶予もないのです。

 この他にもいくつかの理由があります。しかし、未だに臨時国会の日程すら確定していません。これは異常です。国民の皆さんは、要求するべきです。もう待てない、と。

 これが証拠に、鳩山新政権で実現した政策はまだ何もありません。補正予算の執行停止を行っているくらいです。後期高齢者医療制度も、様子見の感じですし、郵政民営化見直しも、日本郵政社長問題もアドバルーンだけは上がっている感じですが、動いている様子はありません。インド洋給油作戦停止も、鳩山政権の戦争協力を見直すというマニフェストに関わらず、実現に至っていません。中小企業の借金猶予=モラトリアムは党内に異論すら存在します。このような状況で果たして大丈夫なのでしょうか。記者クラブ改革も総理の空念仏に終わっています。余りにも、空理空論が多すぎます。日本の危機的状況は待った無しなのです。

|

« 今日も出張でした! | トップページ | 新たな第三の道へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自民がR、民主もRでは、日本人たまりません。

投稿: あられ | 2009年10月11日 (日) 08時22分

民主党政権は新しい時代の始まり=先頭車両などではなく、古い時代の終わり=最後尾なのかもしれませんね。
実際、「彼ら」はもう終わっていますが「だめ押し」をしにやってきたという感じでしょうか(笑)

「景気回復」とは何なのでしょう??
わたしはそれが今までのような「大量生産、大量消費」と連動したものなら、回復すべきではないと思っています。
「内需拡大」のその「需要」とはどんな需要なのでしょう…。 さらに資源を枯渇させたり、廃棄物を増やすことにつながる「需要」ならもうこれ以上喚起されるべきではないと感じています。

もうお金やモノによって幸せになる時代は終わっています。 それに気がつかないひとたちだけが
未だに「お金、モノ、仕事=生命の維持」にこだわっているのではないでしょうか。
この国の自殺者が多いのはあらゆることに関する無知が根本原因です。 
故にただ経済を回復させ、政治システムを変えても、「その無知」に気づかない限りは、自殺者や生きることに苦労するひとはそう減ることはないと感じています。
無責任だと思われるかもしれませんが、大切なことに気づくためには、落ちるところまで落ちることも必然なのかもしれません。

投稿: Link | 2009年10月 8日 (木) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31694427

この記事へのトラックバック一覧です: もはや鳩山・民主党政権に期待していては日本が崩壊する:

« 今日も出張でした! | トップページ | 新たな第三の道へ »