« 読書三昧・超不都合な科学的真実 | トップページ | パラダイムの大転換が近づいています »

敢えて過激な発言をします

 武山です。私が武見敬三氏ですって? そりゃ見事な間違いです! だって、名前がそっくりじゃないですかって? いえ、決して笑えませんよ。なかなか見事な推理です。ちょっと違いますけどね。いや、彼はあれでなかなかの名門出で、昔、ケンカ太郎の異名を取った日本医師会会長「武見太郎」氏の御子息です。まして、名門大学の出身で、彼に間違えられるとは、名誉ってもんです。しかし、本心としては、間違えられた人物がちょっとタイプじゃないですけどね。

 それはそれとして、私のブログ、いろんなところで注目されています。これは、一無名ブロガーの記事にしては、内容が刺激的で、誰にも真似のできないところがあるからでしょう。今日の「ルドルフ・シュタイナー」にしても、こんな本、誰も思い付かないと思いますよ。まして、ケイ・ミズモリ氏の最新著作と結びつけるところなんざ、ちょっとしたもんです。自分でも、やったぁ、と思いしたね。

 で、話しは変わりますが、数日前、私は日米欧・三極委員会の事を話しましたね。つまり、東アジア経済圏(共同体)構想です。これは、デービッド・ロックフェラーの考え方そのものです。イルミナティの陰謀ですよ。行天豊雄氏はそのれっきとした道具でした。鳩山総理のいま一つ奇妙で不可解な政治姿勢と併せて、この組み合わせは極めてクサイです。小沢一郎氏の外国人地方参政権の問題と併せて、奇妙に何か隠された意図が感じられます。私の本音を言えば、いまさら、地域共同体構想なんて、時代錯誤も甚だしいです。もう単一国家の時代は終わろうとしているんです。国家があるからこそ、経済摩擦が起こり、民族の対立が生じ、そして、戦争にまで発展するんです。偽(カザール)ユダヤ人達はそれを利用して金儲けを企んでいるだけです。

 しかしもう金儲けは意味がなく、小さな物々交換に気の利いたような地域通貨しかこれからは存在価値がないんです。飛行機もただ、海外旅行もフリーパス、土産物を買うのに、ドルも円も、元さえ必要ない、そういう時代がもうすぐやってこようとしているのに、東アジア共同体なんてまったくナンセンスです。それを敢えてやろうとしているところに鳩山内閣の胡散臭さがあるんです。

 もう古いパラダイムは壊れる運命なんですよ。一言で「パラダイム」なんて片付けているけれど、パラダイムの大転換を本当に理解している人はほとんどいません。生易しいものではないんです。まったく新しいものの考え方が取り入れられなくてはいけません。東アジア共同体なんて今更言い出すほどの意味はもうありません。いかに鳩山内閣が古臭くて時代遅れかって事です。いいですか、私が今日取り上げた、ケイ・ミズモリ氏の超不都合な科学的真実(続編)、という本にはそこのところが既に触れてあるんです。だからこそ、ああいう風にして皆さんに読んでもらおう、と思って記事にしたんです。不老長寿なんて夢じゃない、地球は空洞である、宇宙人は確かに居る、そんな事だけではないんです。すべてのもの、すべてのシステムがひっくり返ろうとしているんです。これ、本当に凄い事ですよ。それももうすぐ始まろうとしているんです。あなたはついて来れますか? では…。

|

« 読書三昧・超不都合な科学的真実 | トップページ | パラダイムの大転換が近づいています »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31479085

この記事へのトラックバック一覧です: 敢えて過激な発言をします:

» バード少佐の日記 1 [ふるやの森]
フライトログ:北極ベースキャンプ1947年2月19日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6時:北へ飛行する準備完了。6時10分燃料タンク満タン。 6時20分:スターボード・エンジンの燃料過剰による不具合を調整。プラット・アンド・ホイットニー順調に作動中。 7時30分:ベースキャンプのラジオ点検完了。受信機は正常に作動。 7時40分:スターボード・エンジンのオイル漏れを点検。オイルインジケーター正常を確認。 8時:高度2321フィートでかすかな東方への乱気流発... [続きを読む]

受信: 2009年9月23日 (水) 17時47分

« 読書三昧・超不都合な科学的真実 | トップページ | パラダイムの大転換が近づいています »