« 弱り目に祟り目? | トップページ | 実に清々しい、不思議な表情をされてました »

今日の日経新聞の記事について

  今日の日経新聞の記事。一面から徹頭徹尾亀井静香氏の批判に終始しています。日経新聞は本当の売国奴の手先です。許せません。今日の記事はここ最近にない卑劣な内容と、悪意に満ちています。日本人はこぞって日経の不買運動を起こさなければなりません。まったく腐り切っています。すでに、アメリカでは、ユダヤ金融財閥に魂を売った買弁政治家と買弁メディアの追及が始まっていると聞きます。どうもこれは本当のようです。先日オバマ大統領に抗議するデモが行われましたが、いくらがんばっても数万人規模のデモではまったくサマになっていませんでした。それを日本のメディアは恥ずべき事に、ことさら大きく取り上げ、新聞・テレビで流しましたが、まったくばかげています。あれは、一部の保守政治家=共和党員が画策したのではないかと思って間違いないと思います。つい先日、地元新聞に掲載されたキューバのプロパガンダ記事もそうです。ユダヤ金融財閥に雇われたジャーナリストが流したものに間違いありません。どこまで彼らは腐っているのか。大多数のアメリカ人はすでに真相を知り始めており、騙しも効かなくなってきています。

|

« 弱り目に祟り目? | トップページ | 実に清々しい、不思議な表情をされてました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。aries
鳩山首相誕生オメデトウございます。wine
鳩山代表は5月の党代表の就任会見で、フリー・ジャーナリストの上杉隆さんが、首相就任後、記者クラブをオープンにするかどうかを聞いたところ、「私が政権を取って官邸に入った場合、上杉さんにもオープンでございますのでどうぞお入りをいただきたい」と明言。首相会見をオープンにすることを約束していた。のですが今回の首相会見では、以前の記者クラブと外務省発行の外国特派員としての記者証を持った記者と国会記者証を持った雑誌記者だけでした。、「スペースの都合上」と結う事でオープンにはなっておりません。
記者クラブの人々は、特権に胡坐を欠いているのです。記者クラブ室では、電気代、電話代、光熱費、部屋の維持費は、全て国民の税金で賄っております。早く記者クラブを解散させてください。
punchannoysign03aries
わたしたちは何時までたっても奴隷です。
奴隷よりaries

投稿: 茅壁優治 | 2009年9月16日 (水) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31399510

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日経新聞の記事について:

« 弱り目に祟り目? | トップページ | 実に清々しい、不思議な表情をされてました »