« Δ9テトラヒドロカンナビノール(THC) | トップページ | 遺伝子組み換え作物について »

新型インフルエンザではタミフルは効かない!

医薬ビジランスセンター速報№131

  死亡はタミフルでは防げない!

 上記の記事を参考にして下さい。この記事は、医薬ビジランスセンターの浜六郎医師のサイトです。また、ニュー東海アマの最新記事に興味深い情報が掲載されています。

 ラムズフェルドの会社、ギリアド社はタミフルの基本特許を保有する製薬会社ですが、新型インフルエンザはタミフルなどの抗ウィルス薬は効果がない、と事実上認めました。これは大変なニュースです。これまで、日本の医療機関の多くは、新型インフルエンザに対して、事ある毎にタミフル、リレンザなどの抗ウィルス薬を処方してきました。

 このニュー東海アマの記事の情報を見て判断できる事は、この発表は一種の防衛策ではないかと推定されます。タミフルを服用して副作用が生じた場合の訴訟リスクを避けるためではないか、と想像されます。両方の記事を読む限り、日本のマスメディアの報道は過剰報道であり、国民に無闇な不安を煽って、恐怖に陥れる目的があったとしか思えません。大いに糾弾されるべきです。ぜひ皆さんは多くの人にこの事をお知らせしてください。

 【「新型」感染でもタミフル原則不要、米が指針 9月9日11時10分配信 読売新聞
 【ワシントン=山田哲朗】米疾病対策センター(CDC)は8日、新型インフルエンザに感染しても、健康な人はタミフルやリレンザなど抗ウイルス薬による治療は原則として必要ないとする投薬指針を発表した。 抗ウイルス薬の供給には限りがあるほか、過剰投与で耐性ウイルスが出現する恐れが高まるため。CDCのアン・シュケット博士は同日の記者会見で「子供でも大人でも大多数は抗ウイルス薬は必要なく、自宅で休養することで治る」と述べた。 ただし、持病がある人や、健康な人でも重症化した場合には、ウイルス検査の結果を待たず抗ウイルス薬を投与することが必要としている。世界保健機関(WHO)も、抗ウイルス薬の投与は持病がある人など高リスク集団か、新型インフルエンザで症状が悪化しつつある人に絞るべきだと勧告している。これに対し日本では、健康な人でも感染した場合、抗ウイルス薬を投与する医療機関が多い。 】

|

« Δ9テトラヒドロカンナビノール(THC) | トップページ | 遺伝子組み換え作物について »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31304729

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザではタミフルは効かない!:

« Δ9テトラヒドロカンナビノール(THC) | トップページ | 遺伝子組み換え作物について »