« 鳩山内閣の真の姿が問われている? | トップページ | HAARPの格子斑点が突如消滅! »

新政権は私の危惧したとおりに動き始めました!

 鳩山新政権の動きがどうもおかしいです。これから平成22年度本予算の本格的策定が始まるようですが、その主導権を握ったのは財務省のようです。本来の鳩山政権の政治主導はどこかへ行きそうです。

 今度の政権交代で、一番得をしたのは財務省ではないか、と見えてきました。まさに漁夫の利を得たもののようです。それは、省利権を確保したからです。鳩山総理の顔はどこにも見えてきません。一体どうしたんでしょうか。

 法整備が間に合わない、というよりも、何だか変です。もっと言えば、すべての省庁が財務省権益に丸め込まれ、してやられた感じが濃厚です。これは、下手をすると、自民党政権よりも厄介な事になったかも知れません。今では、事務次官会議も、各省庁の事務方クラスの記者会見も封じ込まれたからです。国家戦略局すら、手足をもがれたような有様です。

 これは、新しい閣僚が、財務省の事務方に一本取られたからです。これは危険です。他省庁は財務省に手も足も出なくなる可能性があります。これは、ウラで官邸事務方を動かし、真の意味の政治主導の芽を摘もうと目論んだ影の財務省権力が動いた可能性があります。これには巨大なマスメディアの幹部も加担しているはずです。

 皆さん、立ち上がってください。財務省がわがもの顔に日本の政治を左右しそうです。すでにその兆候が表れています。

 私の危惧が杞憂に終わればいいのですが…。

|

« 鳩山内閣の真の姿が問われている? | トップページ | HAARPの格子斑点が突如消滅! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

thunderこんにちは。
財務省の藤井財務大臣は、日本国をどこに連れて行こうとしているのだろう。
行天豊雄(ぎょうてん とよお)氏を特別顧問に任命し、今まで通り、米国追随の政策をするのでしょうか。これでは、私達の奴隷生活は益々厳しい生活になります。
行天豊雄氏は、ユダ金の三極委員会の日本でのメンバーで、又日本の国民の財産をユタ金に貢、道筋を作り行動した人物だそうです(プラザ合意のとき)。藤井大臣はこのような人物を特別顧問に向かえ、なにをするつもりでしょう。自民党政権の無し得なかった(まだ残っている日本の財産を)事を完結するために再度登場したのでしょうか。神州の泉、には(行天豊雄氏を国際金融業界で、堂々と話ができる唯一の人物だ)藤井大臣が言った)。と在りますが、現在の世界恐慌、リーマンショツク、やつらがやったのです。この恐慌は、ワンワールドオーダー(世界統一政府)に向けてやつらが起こしたのです(八百長恐怖)。其の王元と話ができるとは、また、日本の富を貢ぐためですか。
いまの中央銀行制度をたださない限り財政危機は(借金したら全額返せないですから、又、全額返すには、また借金をしなければなりません、)収まりません。とりあえず政府紙幣を発行し、また、地域通貨を発展させていけばいいと思うのですが。奴隷よりaries

投稿: 茅壁優治 | 2009年9月20日 (日) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31443730

この記事へのトラックバック一覧です: 新政権は私の危惧したとおりに動き始めました!:

« 鳩山内閣の真の姿が問われている? | トップページ | HAARPの格子斑点が突如消滅! »