« 民主党には明確な国家ビジョンがない | トップページ | 今日は更新を休みます »

これまでの核戦略を大転換したオバマ政権

 今日は重要な情報が目白押しです。その第一はオバマ大統領が核ミサイル戦略を転換する国連演説を行ったことです。これは日本に大きな関係があります。

 ご承知の通り、前ブッシュ政権は戦略核兵器の全世界展開に向けて大っぴらに行動していました。口先では核廃絶を叫んでいても、実質は核兵器開発と実戦配備に邁進していたのです。表向きの理由は、核の抑止力効果です。

 しかし、そんな事が許される筈がありません。核兵器のない世界実現が悲願となっている時に、世界の指導者の中で大声を上げて核兵器の廃絶を訴えたのは、オバマ大統領が初めてであり、世界中の人々はその事を評価しなければいけません。

 ところが、日本では防衛省を始めとして、外務省等に少なからず核兵器廃絶に反対の立場を唱える官僚や政治家がいるのも事実です。それは、「核の傘」理論を平気で唱え、核抑止力の下にいれば、日本だけは安全だという思想です。久間元防衛大臣も「原爆しようがない」発言で落選の憂き目に遭いました。

 これは、自分さえ良ければ他はどうでも良い、というわが身勝手の思想です。これでは危機に瀕している世界には到底通用しません。まだまだ日本にはそういう人が多いのも事実です。

 しかし、今回の国連でのオバマ演説はそういう身勝手な思想を一蹴するものでした。特に、日本の防衛省、外務省は考えを一変させる必要があります。核抑止力そのものが意味のない思想です。

 オバマを批判する勢力はまだまだ日本にもたくさんいます。有名な政治ブロガーにも多いです。しかし、オバマ演説を心を白紙にして聴いてみると、彼が本気で核廃絶を訴えている事が良く分かるはずです。それでもオバマ批判を変えないようなら、そういう人は、他に何か目的があってそうしていると判断するべきです。

 世界は大きく変わり始めました。その事を明確にしたオバマ演説だったのです。皆さんは彼に希望を託す必要があります。ネガティヴなオバマ批判に耳を傾けるべきではありません。特に日本政府関係者は心を入れ替えて下さい。

|

« 民主党には明確な国家ビジョンがない | トップページ | 今日は更新を休みます »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31512715

この記事へのトラックバック一覧です: これまでの核戦略を大転換したオバマ政権:

« 民主党には明確な国家ビジョンがない | トップページ | 今日は更新を休みます »