« 今日は情報がありません | トップページ | 自己破産していた新人が衆院選に当選!(続き) »

自己破産していた新人が衆院選に当選!

 今日は更新しない積りでいましたが、夕方、驚くような情報がネットに流れましたので、急遽書く事にしました。

 先の衆議院選で、選挙前に自己破産していた候補者が比例近畿ブロック48位で当選していた、というニュースです。これは、いろいろな議論を呼ぶこと請け合いです。なぜ民主党はそんな候補者を、たとえ比例の下位にしろ擁立したのか、自己破産していた候補者が供託金をどうして払えたのか、とか。供託金を払う位なら、借金を払うべきだ、と誰しも思うでしょう。が、ここはそのような議論は止めましょう。

 問題にしたいのは、自己破産しなければならないような候補者が、新人の衆議院議員に当選した、という現実です。これは、制度上の欠陥と言えば欠陥ですが、自己破産するような人が衆議院議員になった、という現実の方が衝撃的です。

 それは、個人の資産状況がそれほど悪化している、という現在の経済状況の一つの証明です。自己破産していてもその人物の政治的能力を云々する事は意味がない事は言うまでもありません。それよりも、自己破産しなければならないような人でも、政治家になった、という現実、この方が重要です。それは、もはやお金という超現実的なモノが存在意義を、ある意味で失った、ということにならないでしょうか。ひいてはお金の存在が不必要になる未来を予言しているようにも思います。

 これは、見方によれば、画期的な事です。借金に追われて汲々としている人に対して、大きな希望になる出来事です。要するに世の中はお金ではない、という事です。この人にはぜひお金の要らない社会の実現のために頑張って欲しいと思います。

 また、私は新しい世界はいろいろなシンクロニシティに満ちていると申し上げました。この出来事もシンクロニシティの一つです。

|

« 今日は情報がありません | トップページ | 自己破産していた新人が衆院選に当選!(続き) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31350081

この記事へのトラックバック一覧です: 自己破産していた新人が衆院選に当選!:

« 今日は情報がありません | トップページ | 自己破産していた新人が衆院選に当選!(続き) »