« オバマ大統領の国連演説 | トップページ | 鳩山総理の国連大演説? »

日本経済は回復どころか危機的状況に落ち込んでいる!

  [東京 24日 ロイター] 財務省が24日発表した8月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は1857億円の黒字となった。黒字は7カ月連続だが、黒字幅は2カ月連続で縮小した。
 輸出の前年比減少が続いているものの、原油価格の下落などに伴い輸入も大きく減少していることが黒字に寄与した。ロイターが民間調査機関を対象に行った調査では、貿易収支の予測中央値は1700億円の黒字だった。
 輸出は前年比36.0%減少、輸入は同41.3%減少だった。米国向け輸出は同34.4%減少、中国向け輸出は同27.6%減少だった。
  (ロイター日本語ニュース 武田晃子記者)

  この記事を読んで多くの人は、よかった、と思うでしょう。しかし、事態はまったく正反対の危機的状況を示しているのです。この記事に表れているのは黒字の効果ですが、実際はこんな事は、何にもなりません。大事なのは輸出入の金額なのです。この記事にもあるとおり、輸出は-36%、輸入は-41.3%となっています。問題は輸入額の減少です。輸入が減っているという事は、輸出のための生産が減少しているという事です。日本経済は物を生産してから輸出しているのですから、輸出が順調なら先に輸入額が増える筈です。そうして初めて利益が出るので、その額が減ったという事は生産がそれだけ落ち込んで行くことに繋がります。この数字は、更なる日本経済の落ち込みを暗示しています。

|

« オバマ大統領の国連演説 | トップページ | 鳩山総理の国連大演説? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31499897

この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済は回復どころか危機的状況に落ち込んでいる!:

« オバマ大統領の国連演説 | トップページ | 鳩山総理の国連大演説? »