« 鳩山内閣の布陣の大勢が決まる | トップページ | アメリカ帝国、終わりの始まり! »

今日は911の日

 お早うございます。今朝はいつもにも増して爽やかで、気持ちの良い朝です。

 さて、今日の日付は8年前の9月11日に遡らなければ、何の意味もない普通の秋の天気の良い日と変わりません。しかし、この日を境にして世界は突如姿を変えたのです。

 日本では、緊急コールは119ですが、アメリカでは911なのです。この番号はアメリカ人なら誰も忘れません。ところが、日本でも同じになりました。日本の緊急コール119は、このあいだの8月30日選挙の自民党の獲得議席数です。これに気が付いた人がいるでしょうか。

 つまり、日本でも歴史が変わったのです。いえ、決して119議席に激減した自民党が救助を求めた訳ではありませんよ。アメリカで911同時多発テロが起こったとき、ブッシュが緊急コールを発した訳ではなかったように、自民党が緊急コールを出した訳ではなく、むしろその逆なのです。国民の多くが、日本の政治に対して救助信号を発したのです。

 アメリカの911事件もひどい捏造事件でしたが、日本の911郵政選挙もひどい選挙でした。

 では、いったい誰に対して救助を求めたのかって? いや、いまここではその答えはいわない事にしましょう。アメリカでの911が緊急のウェイクアップコールであったのに対して、まさしく日本では119がそうであったのです。

 まあ、この世界はシンクロニシティに満ち満ちています。はい、まったくその通りです。われわれは知らないうちに宇宙の一員であった事に、いまさらのように気づかされたのです。

 これからも、神秘的なシンクロニシティは続くでしょう。

|

« 鳩山内閣の布陣の大勢が決まる | トップページ | アメリカ帝国、終わりの始まり! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

http://tok2.seesaa.net/article/127276929.html#comment 匿名コメントより引用

はじめまして。 わたしのような者が書き込みまして、申し訳ありません。話題からそれてしまいますが、玉蔵さんが獅子吼していらっしゃるので、ご報告します。あくまで、情報としてお読みください。

昨年12月から、某国と日本企業と協同(と聞いている)南海トラフ海上である作戦(調査)が行われており、先般4日に終了。現在、洋上を離れています。無線で暗号で話していますが、その模様は傍受可能なようです。内容は、南海トラフ海溝内の「メタンハイドレート」という次世代エネルギーと期待されている資源の掘削ですが、実はこれは、世界の協定で地球表面のハイドレード構造(格子状になっているらしい)を壊すと、陸地と海面下のマントルの力学的関係が崩れ、大気中にメタンガスが噴出し、地球温暖化が早まるのみならず、採掘場所周辺に地震が起きる可能性があるため、過度の採掘は禁止されています。しかし、学術調査と名打ち、○○メジャーにより大量のメタンハイドレートが抜き去られているようです。

6月22日の日食の後の西日本の大雨の後、地上近くに低く垂れ込めていた雲にお気づきでしょうか。あれは、大量のメタンガスが洋上から噴出させたもので、かなりのメタンハイドレートがぬきさられ、当海溝はユーラシヤとフィリピンのプレートが重なっているため、現在とても危険な状態になっているようです。また、同時の雨で地盤を緩め、日本各所である種の特殊兵器で小さな地震をおこし、ちょうど日本の断層の蝶番のようなところ弱くしているようです。 これは、高層ビルの爆破解体の大型版で、この調査にベク○○という企業が関係しており、海溝内に数十に上るサムソナイトが埋設されているといわれています。 真偽のほどは、またまた聞きのためわかりませんが、玉蔵氏の話と一致します。 私的に警告が必要と思います。ガセかもしれませんが、黙っておくことはできませんゆえ・・・。  失礼しました。

投稿: 長文失礼! | 2009年9月11日 (金) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31326940

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は911の日:

« 鳩山内閣の布陣の大勢が決まる | トップページ | アメリカ帝国、終わりの始まり! »