« 自己破産していた新人が衆院選に当選! | トップページ | 問題のすり替え、新型は呼吸困難に陥る? »

自己破産していた新人が衆院選に当選!(続き)

 今晩も午前0時を過ぎ、日付が変わりました。しかし、途方もない事に気が付きましたので書きます。

 私は、新しい世界はシンクロニシティに満ちている、書きましたが、私自身がその事に気が付いていませんでした。

 皆さんは、NESARAについてご存じでしょうか。もしご存じでなかったら、「ふるやの森」というサイトをぜひ開けて、記事を読んでください。また、明窓出版のホームページに「武山レポート」というサイトがあります。最近はこの「武山祐三の日記」ブログがあり、そちらの方は更新していませんが、過去ログの中に、NESARAについて記述した文章があるはずです。

 NESARAはれっきとしたアメリカ合衆国の法律です。クリントン大統領の政権終了末期に上下両院で議決され成立済みです。ただし、この法律が執行されるためには大統領が執行を宣言する必要がある、言われていますが、その規定があるかどうか、いまでは不明です。

 私は、この9月9日にオバマ大統領が重大発表を行う、というアメリカからの情報に、これはてっきり、NESARA発表に違いない、と内心期待をしていました。しかし、今のところそれらしい情報は入ってきていません。

 そこで、先ほどのシンクロニシティの件です。私はてっきりオバマ大統領の公式発表によるものと思っていましたが、ひょっとすると、そうではないのかも知れません。先にご紹介した私の過去の記事の中に、NESARAは星間協定である、と書いてあります。もっと深い意味もあるのですが、それは後日にして、NESARAの条文は一部変更になっている可能性のある部分があります。それは、NESARA発表後新しい大統領を選ぶことになっている点です。いま、NESARAを正式発表すると、また大統領を新しく選び直さなければならない規定になります。しかし、それは現実的ではありません。そこで、ある情報によると、オバマ大統領はすでにNESARA後の大統領として就任している、というのです。それで思い当たることがあるのです。1月の大統領就任式を、オバマ大統領は二度やっているのです。その事を誰か指摘した人があるかどうか知りませんが、少なくとも私はその可能性がある事を私の過去のメールマガジンで指摘しています。ひょっとしたら、さっきご紹介した明窓出版の「武山レポート」に過去ログが残っているかも知れません。もしなければ近いうちに改めてこのブログでご紹介します。

 私は、自己破産した民主党の衆議院議員には、ぜひNESARAという法律の存在を知ってほしいと思います。そして、新しい時代の幕開けの尖兵になって欲しいものと思います。NESARA公表の方法は大統領ではなかったのかも知れません。あるいは、マシュー君のメッセージにもあるように、NESARAは正式に公表するような性質のものではない、というのが本当なのかも知れません。いずれにしても今回の出来事が大変象徴的な意味を持ち、NESARAの始まりを示すものであってほしいというのは多くの人の思いであるはずです。

 新しい世界はシンクロニシティに満ちている、と何度でも言いましょう。これからこの事が証明される事が次々と起こるはずです。

|

« 自己破産していた新人が衆院選に当選! | トップページ | 問題のすり替え、新型は呼吸困難に陥る? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31351138

この記事へのトラックバック一覧です: 自己破産していた新人が衆院選に当選!(続き):

« 自己破産していた新人が衆院選に当選! | トップページ | 問題のすり替え、新型は呼吸困難に陥る? »