« 債務の3年間棚上げ! | トップページ | 今日の日経新聞の記事について »

弱り目に祟り目?

 朝から物騒な噂が飛んでいます。自公連立政権時代の事です。時あたかも今日は自公連立政権が文字通り終焉し、鳩山民主党政権がスタートする日です。

 その噂とは、一大疑獄事件の噂です。昨日の森田実氏のブログをお読みください。今日終了する自公連立政権の最後の日に、このような噂が飛び交う事は、まさに一つの時代の終焉を象徴しているかのようです。

 森田氏の言では、この疑惑は小泉構造改革、郵政民営化に関わる自公連立政権内の事件である、と、はっきり書かれています。森田氏ほどの政界・財界情報の重鎮が語る内容は重みのあるものです。

 これに関してさらに森田氏は、諸々の勢力と組織が複雑に絡み、思惑を含んでいる、今後の展開に注目している、政界で何かが起きている、とも結んでいます。

 いずれにしても自民党はいままさに瀕死の重病人の様態を示しています。これも、小泉内閣において意見の異なる勢力をすべて「抵抗勢力」と称して排除・追放した反動です。弱り目に祟り目、とはこのことです。また、奢るもの久しからず、とも合致しています。

 新政権では、「抵抗勢力」として追放したはずの亀井静香氏が郵政・金融問題担当大臣として入閣する事が決まっています。攻守ところを変える、とはこのことです。まったく立場がひっくり返りました。

 何かが起きています。当初亀井氏は防衛大臣が検討されていましたが、土壇場で郵政・金融問題担当に差し替えられました。私が思うのに、これは鳩山新総理の決断によるものとは思いますが、この動きのウラに何か人間業では計り切れない巨大な力が働いたように感じます。これこそまさに神の力の発現であり、カルマの清算に匹敵するのではないでしょうか。今後の展開に要注意です。

|

« 債務の3年間棚上げ! | トップページ | 今日の日経新聞の記事について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31396414

この記事へのトラックバック一覧です: 弱り目に祟り目?:

« 債務の3年間棚上げ! | トップページ | 今日の日経新聞の記事について »