« コメントに対して一度だけ回答します | トップページ | 「魔法の世界が来る!」とクリスタル・チルドレンが喋った »

今後の世界の未来予測について

 昨晩、気持ちをリフレッシュする意味で、約40年前に読んだSF小説を再度読みかえしてみました。ロバート・A・ハインラインという作家の「夏への扉」という作品です。この中では、西暦2000年頃の近未来予測に基づくストーリーが展開されています。ですが、意外な事に簡単とも思える大半の予測が外れています。むしろこれは簡単であるがために作者が予測を外したのかも知れません。特に、主人公ダンが風邪をひく場面が出てきますが、コールド・スリープ(低体温法睡眠)によって30年先の2000年に行った近未来では既に風邪(インフルエンザ)は病気としては撲滅されています。現今の2009年現在新型インフルエンザのパンデミックの恐怖に多くの人々が怯えていることを考えると、当時の最先端のセンスを持ったSF作家でさえ、正確な未来を予測するのは大変難しいと感じさせられます。この本は、先日原本が出版されてから半世紀ぶりに早川書房から新訳版が出版され、より読み易くなりましたので、一度読んで見られると面白いと思います。

 さて、話題はここで最近の世界の情勢に移ります。この小説では第二次大戦後、2000年までに二度の世界的大戦争が起こり、アメリカは「六週間戦争」という戦争で核兵器の洗礼を受ける設定になっています。この設定があながち的外れでなかったことは、この本が全世界で翻訳され多くの人に読まれ、今では古典として評価されている事でも分かります。

 現在、戦争として核爆弾が炸裂したのは太平洋戦争末期の日本だけです。しかし、本当にそれだけか、というと実に不可解な事件が多発しており、あれほど実験を繰り返し、多額の予算と科学者を動員して技術開発競争を実施してきたのは何のためだったのか、という疑問を持っているのは私一人ではありません。2001年の911テロ、イラク戦争においても核兵器が使用されたという噂がありますが、このような背景を考えるとむしろその方が当然と言えます。

 政治・経済はこの小説の予測とは最もかけ離れています。共産主義が崩壊しているのはその通りですが、イギリスがカナダの付属国家になっていたり、大アジア国が成立していたり、かなり事実とは異なっています。

 まあ、あくまでも小説ですから真面目に分析する意味はあまりありませんが、実はこのSF小説の分野の中には驚くような真実が隠されている事を多くの人は知りません。多くの人が、SF小説をトンデモ本の類の有り得ない話しの見本のように受け取っています。しかし、私が最も注目している作家がいるのです。H・G・ウェルズ、ジュール・ヴェルヌ、アイザック・アシモフです。

 ウェルズは正真正銘のイルミナティであり、NWOの事は知っていたどころかその思想の根底を作ったとさえ言われています。ヴェルヌは有名な「地底旅行」という小説を書いていますが、これは空洞地球の概念と知識がないととうてい書けない筈の内容です。ヴェルヌも西洋イルミナティの息がかかっていたという情報もあります。アシモフはロシアからアメリカに移民したアシュケナージユダヤ人です。彼の一連の作品には奇妙に宇宙時代の人類による銀河系進展の到来を予感させます。

 彼らの共通した思想は「宇宙人」の存在です。これは当然と言えば当然ですが、ここで良く考えてみて下さい。本当に人類は今まで宇宙人との関わりがなかったのかどうかを。

 私がいまこの事を近未来予測の中で取り上げようとしているのは、もはやこのテーマがSF小説のカテゴリーを超えている、という事のためです。今度のオバマ演説がどういう内容かはまったく不明です。しかし、いつまでも宇宙人の存在は眉に唾するようなSF小説の世界の話しではない、ということだけは確かです。そして、その認識がないと、来るべきパラダイムの大転換の時代にはとうていついてゆく事は不可能です。いま、世界観が大転換しようとしているという意味は、そういう事です。ですから、SF小説といえども無視できません。ひょっとすると、まさにSF小説そのものの時代が到来するかも知れず、むしろその方が可能性は高いというべきかも知れません。トンデモ話しがとんでもない事ではなくなるということです。

|

« コメントに対して一度だけ回答します | トップページ | 「魔法の世界が来る!」とクリスタル・チルドレンが喋った »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

とんでも惑星グリッド 宇宙人は古代人!?

http://weedweedweed.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-27eb.html

投稿: | 2009年9月 6日 (日) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31254779

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の世界の未来予測について:

« コメントに対して一度だけ回答します | トップページ | 「魔法の世界が来る!」とクリスタル・チルドレンが喋った »