« 「魔法の世界が来る!」とクリスタル・チルドレンが喋った | トップページ | アインシュタインはイルミナティの手下? »

偽100ドル札

 お早うございます。今日は早々から物騒な話です。偽札はどうして後を絶たないのか、と皆さんはお思いになりませんか。コピー用紙を使って市販のパソコンで作るようなアマチュアレベルの話ではありません。

 それは、ウラで各国政府が絡んでいるからです。例の北が作っているという偽ドル札が典型ですが、あれはアメリカ政府関係者がウラで正式の用紙とインクと印刷機材を使って、堂々と偽札として印刷している疑いが濃いものです。

 戦時中には日本政府もそういうことをやっていたらしいです。戦争と言うものは、ある意味で何でもアリの世界なのです。

 しかし、もうそろそろそういうバカなことをやっていては、新しい時代に入れません。今日、最新の「ストレイドッグ=山岡俊介氏のブログ=アクセス・ジャーナル」を見ていたら重要な記事が掲載されていました。有料ニュースのため詳しい事は書けませんが、お知りになりたい方はぜひ購読を申し込まれたら、ある意味で驚くような情報が手に入ります。

 近々世界の貨幣システムが大きく変わります。まだマスメディアはどこも報じていません。それは、驚天動地の大変化であり、既存の不換紙幣のシステムはすべて大改革される可能性があり、その大変化はユダヤ金融財閥の利害と反するため、書きたくても書けないのです。世界中のほとんどのマスメディアは、たった一人のメディアの権力者、ルパート・マードック氏の傘下にあるからです。

 アメリカは現在一種の内乱状態です。軍およびCIAは内部で組織がいくつかに分裂しています。かといってオバマ大統領が権力を掌握していないわけではありません。慎重に、かつ大胆に改革を進めています。そのひとつの成果が今度の9月9日の議会演説になるはずです。

 事によると、演説後、全世界に衝撃が走るかも知れません。さまざまなアングラ情報はその事を示唆しています。また先日終了したG20の会議は、例によって肝心の部分はすべてベールに包まれたまま、オブラートにくるまれた情報しかマスメディアは流しませんでした。いや、流せなかった、という方が正確でしょう。これは、ウラで大変化が相談され、世界各国がそれに応じざるを得なかった、と言うのが真実だと思います。オバマ大統領の演説はその結果を踏まえたものである可能性が非常に高いです。いずれにしても、あと数日で答えが出ます。固唾を呑んで見守る必要がありそうです。

 そのとき、偽ドル札の真実が暴かれるかも知れません。

|

« 「魔法の世界が来る!」とクリスタル・チルドレンが喋った | トップページ | アインシュタインはイルミナティの手下? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/31268284

この記事へのトラックバック一覧です: 偽100ドル札:

« 「魔法の世界が来る!」とクリスタル・チルドレンが喋った | トップページ | アインシュタインはイルミナティの手下? »