« お盆の期間に起こりそうな出来事について | トップページ | 現在の消費不況の背景にあるもの »

一人からでもホ・オポノポノを実践しよう

 ここ最近の地球の呻きは、日を追うごとに強くなっているような気がします。それだからこそ、この8月には予期せぬ出来事が起こるのではないかと心配しているのですが、その一つの解決方法として、ハワイの問題解決の秘法、ホ・オポノポノを実践する事があります。

 この方法の第一の立脚点は、まずどんな問題も、問題が発生した責任を自分自らが取る、という事です。最近地震が多発しています。人類はなぜ地震が起きるのか、そのメカニズムのみを追求し、地球が生きていることを無視しています。地球が生きている、なんて馬鹿な事があるか、と、ほとんどの人が考えています。これはとんでもない思い違いです。地震は一種の地球の身震いです。つまり、地球はいま病んでいるのです。まったく癒されていないのです。ホ・オポノポノでは、インナーチャイルドとの対話を行います。まさにそれが答えなのです。地球は病んでいて、苦しんでいます。空気は汚染し、地中からは鉱物資源を掘り返されて抜き取られ、地球の大事な生命であり、子供である、動物や植物は人間が利用するだけで、常に生命を脅かされ、その尊厳は省みられる事はかつてありませんでした。

 どれだけ人間は地球を搾取してきたか、少しも分かろうともしてきませんでした。要するに、地球に対する愛に欠けていたのです。地震は地球の震えであり、悲しみの表現なのです。今日は、まず最初にその地球の震えの基である、悲しみを解消するため、われわれの母なる地球に対して心からなる「愛」を捧げようではありませんか。それも子供であるわれわれ一人ひとりが、自分の責任において母親に愛を捧げるように、まことの愛情を捧げてほしいのです。皆さん方一人ひとりがたった今からそうすることで、その震えが止まるかもしれません。

 「愛しています」 「許して下さい」 「ありがとう」 「ごめんね」 この四つの言葉を自分の責任において地球に捧げて下さい。これが草の根の運動であり、地球というわれわれの母親に対する囁きなのです。これは、搾取に耐え、汚染にまみれて来た地球に対する労わりの気持ちの表現であり、懺悔なのです。

|

« お盆の期間に起こりそうな出来事について | トップページ | 現在の消費不況の背景にあるもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつもブログを拝見しています。

お願いなのですが、青い文字を使うと携帯で閲覧するとき、とても見づらいです。
なるべく使わないで頂けると助かります

投稿: freeman | 2009年8月14日 (金) 03時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30946368

この記事へのトラックバック一覧です: 一人からでもホ・オポノポノを実践しよう:

« お盆の期間に起こりそうな出来事について | トップページ | 現在の消費不況の背景にあるもの »