« キューバの現状に対するアメリカからのプロパガンダ報道 | トップページ | 今日は64回目の広島原爆の日 »

キューバの奇跡

   面積:111,000平方キロ  人口:11,000,000人

   国語:スペイン語      首都:ハバナ;(人口:220万人)

 いきなりキューバなんていう国を持ち出すのはどうしてか。多くの人は多少の疑問を持たれるだろう。カストロの国、独裁者の言いなりになって、アメリカから経済封鎖され、塗炭の苦しみを味わっているカリブ海の小国。歴史的にはフルシチョフの旧ソ連とケネディのアメリカが核ミサイル問題で対立し、名高い「キューバ危機」を迎えたこと。無事危機は回避されたが、以降歴史の表舞台から忘れ去られた国。というより、歴史に置き去りにされた国、とでも表現した方が感覚的には正当である。それには大きな理由があるのだが、誰もその事には触れようとはしない。ただ、いまさら時代遅れな独裁者の治める国など、知るに値しない、とは普通の人の持つ感想ではある。先ほど書いた今日最初の記事もその事に触れた。つまり、キューバほど日本人に誤解されている国はないのである。先ほどのプロパガンダ報道は、いうならば当たり前の日本人の感覚なのだ。

 ところで、まずキューバの事をおさらいしておこう。ご承知の通り、キューバはカリブ海に位置し、国の南部を北緯20度線が通過する熱帯乃至は亜熱帯の島である。伝説によれば、キューバを含む冠状列島列島は大・小アンチル列島(西インド諸島)を形成し、11,000年前に一晩のうちに大西洋に沈んだといわれるアトランティスの一部であった、と語り伝えられている。メキシコ湾の入り口、つまりアメリカ合衆国の喉元に位置し、首都ハバナの正面にはフロリダ海峡をはさんで保養地マイアミがある。その左手には古代史の国マヤがあった、メキシコのユカタン半島に面しており、ここには様々な遺跡が眠っていることを予想させる。

 キューバ島は1492年にコロンブスによって発見されたとされており、以後スペイン領となっていた。1867年以降独立運動が頻発し、1898年のアメリカ・スペイン戦争(米西戦争)の結果アメリカの保護領となった。しかし、キューバ国内ではアメリカの支配に対する抵抗運動が止まず、形式的には、1934年に独立し、共和国となった。だが、実質はアメリカの傀儡政権であり、アフリカから連行された黒人奴隷の使役や、サトウキビの収奪農業(プランテーション)などにより貧富の差が激しい植民地となんら変わるところはなかった。1959年にチェ・ゲバラとフィデル・カストロらによって米傀儡政権を倒して革命が成し遂げられ、社会主義の国になった。だが、本当はキューバは宗主国スペインから見捨てられた国であり、アメリカの植民地政策によって搾取され続け、今でも国の西側に米軍のグァンタナモ基地が存在する大西洋の戦略地にされている。事実、石油が出るわけでもなく、鉱物資源といっても僅かにニッケルと鉄鉱山があるだけで、地政学的価値以外にはさほど欧米の金融資本の魅力を惹きつけるものは何もない。だが、今にして思えば、その事が異なった歴史をたどる原因ともなった。それは、ユダヤ金融資本に操られるアメリカ帝国主義とソ連共産主義のはざまで様々な困難を抱えながら、今日まで歩んできた歴史が見事に物語っている。

 ここで、少し視点を転じて、世界の現状を見てみよう。いや、私から言わせれば、地球の現状といった方がより現実味がある。まず、一番の大問題は「エネルギー問題」であろう。現代社会は、石油を始めとする化石燃料の枯渇と化石燃料の使用が引き起こす環境汚染で、まさに地球は破滅の危機にある。この事は誰もが認識する大問題である。次は世界中の政治家や宗教家、学者・思想家等が「平和」の実現を叫びながら、一向になくならない戦争による破壊と殺人である。この事には深いウラが隠されているが、それをここで詳しく述べる積りはない。その次は、持てる者と持たざる者との格差、つまり貧富の格差の問題である。この問題は、先進国と発展途上国、また先進国・途上国ともに国内での富める者と見るも無残な貧者との格差、それはもはや是正不可能なほどの広がりに至り、国王と奴隷とも呼べるほどに立ち至っている。そして、最後は食料と医療問題である。これらの大問題はすべて単独に起っているのではない。一つ一つが複雑に絡み合って問題を引き起こしているのだ。しかし、根底には一つのキーワードがある。それは、富=金(マネー)である。その上、たちが悪い事にこの富=マネー(金)はすべて、絵にかいた餅=紙くず=不換紙幣であることだ。何の事はない。いま世界中の人々は本質的には何の価値も存在しない、ただの紙切れでしかない、想像上の富で身動きが取れなくなっているのである。これは何とした事か、と疑問を持っている人はほとんどいない。いても、諦めるか、何かほかにいい智慧はないか、と暗中模索しているばかりだ。だが、どこにも答えなどありはしない。なぜなら、この問題にある偽りの貨幣経済は、すべてでっちあげによる砂で作られた砂上の楼閣だからだ。実体は時が来て潮が満ちれば跡形もなく流れ崩れ去るゆめまぼろしのようなものである。

 話を元に戻そう。キューバの独裁者、フィデル・カストロほど世界から誤解を受けている人物はいない。逆に、ベネズエラのチャベス大統領は、ブッシュ前アメリカ大統領を名指しで、人類の敵、悪魔の化身だと叫んだ。この言葉に対して、旧宗主国スペインの国王は、チャベスに対して、言葉を慎め、とたしなめた。マスメディアはこの事だけを報じ、チャベスが恰も本当の虚け者のようにテレビ・ラジオで流した。わが国のNHKが最も典型的にこの報道を行った。このせいで多くの国民はカストロとチャベスを救いようのない本当の独裁者だとの印象を持ったはずだ。しかし、事実はまったくチャベスのいうとおりなのである。911テロで自国民を3000人も殺し、タリバンとフセインに何の根拠もない言い掛かりをつけて「対テロ戦争」と称して何百万人もの無辜の市民を殺し、いままたイランに戦争を吹っかけようとしている。これで悪魔といわずして何と表現するのか。また、それを知っていながら真実を報道しないマスメディアは、悪魔に魂を売った悪魔の手先である。

 だが、歴史には、皮肉な側面が必ず存在する。キューバは度重なるアメリカ帝国主義の圧力(幾度かの反革命、カストロの暗殺未遂事件、生物化学兵器による国内かく乱、厳しい経済封鎖)にも耐え抜き、ソ連崩壊後の経済危機を乗り越えて、奇跡を起こした。キューバには石油などのエネルギー資源はない。先端技術を持つ企業もない。希少金属(レアメタル)などの鉱物資源があるわけではもちろんない。そのうえ、アメリカの経済封鎖とソ連の崩壊により資金も底をついている。だからこそ、この国で奇跡が起こったのだ。皮肉とはこの事である。わざわい転じて福となす、このことわざの通りの事が実際にキューバで起こったのだ。このキューバが直面した危機とは、すなわちいま地球が直面している危機に他ならない。

 どうしてこの国は危機を脱する事ができたのか。その具体的な事実をこれから挙げてみたい。まず第一に、乳幼児死亡率が世界最低水準である事。また、平均余命が世界の先進国並みに高い事。キューバにはことわざがある。それは、キューバ人は生まれる時は貧乏だが、死ぬ時は金持ちだ、という。どういうことかというと、キューバにはお金がないのでみんな貧乏で生まれる。しかし、健康で長生きをし、死ぬ時は金持ちが罹るような病気でしか死なない、ということだ。キューバでは世界最高水準の医療が施され、しかもすべて無料である。ガンに罹っても手厚い医療が受けられ、エイズはほとんど蔓延が抑え込まれて、近くワクチンさえ開発される見通しだという。高血圧もサトウキビから抽出され、開発された医薬品で劇的に改善され、多くの人の健康維持に寄与している。国内ではファミリー・ドクター制度が定着し、医師の能力も高く、医師の数は国民一人当たり160人である。これは日本の一人当たり700人をはるかに凌ぐ数字だ。しかも、この成果を国内だけにとどめず、世界で頻発している地震やハリケーンなどの自然災害発生時には大量の医師団による大規模支援活動を実施し、被災国から大きな感謝の声が上がっている。また、食糧自給のため都市農業を実践し、大きな成果を挙げている。しかもその都市農業の内容が凄いのだ。現在、キューバで生産される農産品はすべて有機・無農薬で栽培され、低コストで国民に供給されている。なぜ、有機・無農薬なのか。答えは単純だ。農薬も化学肥料もまったく輸入できなかったからである。ないものはしようがない。が、これが結果的に大成功した。国民は輸入された牛肉や農薬まみれの野菜を食べる代わりに、無農薬・無化学肥料の野菜や、大豆などの植物性タンパク質を摂るようになり、あっという間に生活習慣病が激減し、国民が健康になった。もちろんこれが一夕一朝に達成されたわけではない。慢性的な食糧不足という苦しみに耐え、土壌の改良、天敵を利用した害虫の駆除、自然環境の回復などを、それこそ食うや食わずで試行錯誤した結果なのである。だが、それに耐え抜いた国民も凄いが、カストロ以下、指導部の努力も凄まじいものがある。今ではキューバにはごみ問題も排ガスなどの環境問題もほとんどない。また、原発も存在せず、究極のエコ社会が実現している。最後に、貧富の問題であるが、当然キューバでは格差は目に見える形では存在しない。カストロでさえ、住居は普通の民家であるといわれている。教育は幼児教育から大学の学位過程まですべて無料であり、識字率は100%である。観光客に接するガイドでも、高度な専門用語がポンポン飛び出し、外国人の方がびっくりした、というのは本当のことだ。当然餓死などの問題もあり得ず、陽気なラテンアメリカの気質もあって、自殺する人もほとんだいない。いまの日本といかに異なるか。平均月収3000円程度で、まるで天国のような生活をエンジョイしているのがキューバ人であり、これを奇跡といわずして何と言うのか。つまり、GDPだとか、豊かな生活にはお金がかかる、とはまったく無縁なのである。お金で全てが決まるいわゆる先進国とは、いったい何が先進的なのであろうか。突き詰めて見れば、お金など人間の幸福には何の関係もない事がキューバの現状を見れば良く分かる。さらに、キューバの国民は世界の実情に通じており、われわれがこの世界の窮状を救うんだ、と意気軒昂であるという。生活の質だけで判断すれば、わが国で億という年収を持つ人でも、キューバでの月収3000円の人のそれに劣るであろう。

 最後に、カストロの言葉を紹介しておこう。 「われわれは航空工学も、石油化学も研究しない。そのような研究はわれわれにとっては意味がない。われわれは石油消費の削減につながる研究、輸入資源の代替となる研究、われわれが生き残り、健康を保ち、食糧を増産し、わが国民と経済に恩恵のある研究だけを行うのだ…」

 参考文献:吉田太郎 著「200万都市が有機野菜で自給できるわけ」 築地書館

                「世界がキューバ医療を手本にするわけ」 同

|

« キューバの現状に対するアメリカからのプロパガンダ報道 | トップページ | 今日は64回目の広島原爆の日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
以前、キューバはこれから参考になるのでは?と思ったことがあります。印象とはずいぶん違っているようですね。

投稿: | 2009年8月 5日 (水) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30843196

この記事へのトラックバック一覧です: キューバの奇跡:

« キューバの現状に対するアメリカからのプロパガンダ報道 | トップページ | 今日は64回目の広島原爆の日 »