« キューバの奇跡 | トップページ | ギラン・バレー症候群? »

今日は64回目の広島原爆の日

 昨晩は寝苦しく、なかなか寝付けませんでしたが、夜遅く一雨来てからは、急に涼しくなり、爽やかになりました。

 今日は64回目のヒロシマ原爆の日です。しかし、私は複雑な思いです。最近まで原爆被害を受けたのは日本だけだ、と思いこんでいたからです。

 しかし、そうではなかったことに考えさせられてしまいました。特に日本の「原水爆禁止運動」は、唯一の被爆国である事を頑なに主張し、その事を以て運動の柱にして来た経緯があります。

 しかし、そうではなかったことを知った以上、広島市は日本が唯一の被爆国であるという運動の旗を掛け替えるべきです。そうでなければ、人類普遍の核兵器禁止平和希求運動にはなり得ません。

 広島市はいまだに日本が唯一の被爆国である事を主張して譲らず、原爆資料館にも高田博士の「中国の核実験」という報告書を置くことさえ拒否しています。

 平和運動がこのように頑なで、偏狭な運動であってはたして意味があるのでしょうか。「平和」というものは、あまねく人類の争いを無くし、広く生きとし生けるものの生命の尊さを基本にしてこそ初めて意味があるものと思えるからです。

 こんなわが身のことしか考えない態度で運動をするからこそ、また次なる争いの芽を生むことになります。本当に残念です。次回からは運動に政治や、市長職などの政治家を絶対排除すべきです。尊い平和運動が、政治運動に利用され、すり替えられてしまいます。

 いまだに、日本国民の多くは中国で核被爆があった事、少なくとも75万人以上の犠牲者が出ていることをまったく知りません、それは、報道機関の責任である事はもちろんですが、それ以上に今やこの原水爆禁止運動が政治的に利用され、主旨がいつの間にか捻じ曲げられているからです。

 多くの日本人は極めて純粋に生命の尊さと尊厳を十分認識し、日本が唯一の被爆国である、と信じて疑わないからこそこの日を重要な日と定め、共通の記念日として平和の願いを捧げているのです。それを利用して、政治的に核兵器禁止廃絶運動を利用するのはその尊い主旨を踏みにじるものです。

 もちろんヒロシマから核兵器のない平和な世界を実現するよう運動を広げて行く事は意味があります。しかし、それは人類共通の願いであるはずです。最近オバマ大統領の核兵器廃絶政策に日本人から反対が沸き起こっています。それは政治家と官僚たちから起っています。その理由は明らかです。日本こそ唯一の被爆国である、という理由を逆に利用して「核の傘」の中にいれば日本だけが安全でいられる、というわが身勝手な極めて偏狭な屁理屈による理由から出ています。これも、核兵器廃絶平和運動に政治を持ち込んでいる弊害と言えます。

 日本人が世界のどの国の人達よりも目覚めなければいけないのは、そのような理由に依ります。真実を知るべきです。そして、今日を境にして、日本は唯一の被爆国であるという誤解を解いて平和が人類共通の願いであることを再認識して下さい。それが64回目のヒロシマ原爆の日を迎えた私の思いです。

|

« キューバの奇跡 | トップページ | ギラン・バレー症候群? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

少なくとも
現状には目をつぶってでも
後世の為、
日本という国家の存続の為に、
行動を起こせる最後のタイミングと
なりつつあります。

民主・自民どちらでも全くNGです。
ウィグル自治区が明日の日本です。

『 中韓を知りすぎた男 』 
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-483.html

今までは一部の日本人が製造業で
支えてきました。
引退が近いこの方たちは今非常に
不本意だと思います。

日本ブランドの持続継続性を
漢族・アングロサクソンに
委ねてはいけないと思います。

投稿: 謝謝 | 2009年8月 6日 (木) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30851647

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は64回目の広島原爆の日:

» オバマに手紙を書こう! -原爆とマツダとぷよぷよさん [ドン・キホーテの館]
今日は広島追悼の日です 広島にある平和記念資料館。今日はネットで展示されている遺物や写真を紹介します。 あまり心臓に悪くないものを選んでおきます。 人影の石 石に残された人影。人が熱線をさえぎる影になった箇所が周りとは違う色で残されたものです。 高熱で曲がった鉄骨 被爆後の火災の高熱で曲がった鉄骨。市内の建物の90%以上が焼失しました。 死体を荼毘(だび)に付す 荼毘に付された死者たち。 被爆による死者は年末までに13〜15万人。被爆者は20万人以上。... [続きを読む]

受信: 2009年8月 7日 (金) 12時18分

« キューバの奇跡 | トップページ | ギラン・バレー症候群? »