« 新疆・ウィグルでの暴動で3000人死亡 | トップページ | 新疆ウィグル自治区での暴動告発映像 »

今日は都議選の投開票日です

 おはようございます。さて、今日は注目の都議選です。一つ予想をしてみましょう。

  改選数は127、過半数は64です。このうち現職は公明党が22、自民党が48ですから与党側で現在70議席あります。これがいくら減少するか。過半数ぎりぎりでも自民党・公明党連合軍は一応勝ちでしょう。

 公明党は現職22名で23名の立候補ですから、中選挙区制である事を考慮すれば、激減する事はあり得ません。せいぜい減っても18名くらいか。そうすると、過半数まであと46です。中選挙区であるため自民党も半減ということはあり得ません。予想でいうと40前後か。合わせて自公で58名。

 これは微妙な数字です。なぜなら、無所属が22名立候補しているからです。選挙後、激烈な多数派工作が始まるでしょう。こうなると、民主58名の立候補のうち何名当選するか。社民やその他の政党はほとんど勘定には入りません。残る共産党が現職13名で、立候補40名ですから、これがいくら取るか。今の勢いなら17名くらいか。民主が大躍進すれば54名当選、共産と合わせて合計71ですが、民主と共産は共同歩調は取り得ないでしょう。是々非々で臨むはずです。

 いずれにしても微妙なバランスのもとで都議会が運営されることになります。ただ、流れは野党にあります。無所属候補が野党側に付く事も十分あり得ます。以上、都議選の分析でした。素人の予想ですから当たらなくてもご勘弁ください。

|

« 新疆・ウィグルでの暴動で3000人死亡 | トップページ | 新疆ウィグル自治区での暴動告発映像 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30509269

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は都議選の投開票日です:

« 新疆・ウィグルでの暴動で3000人死亡 | トップページ | 新疆ウィグル自治区での暴動告発映像 »