« 新疆ウィグル自治区での中国政府の核実験の詳細 | トップページ | ゴールドマンサックスはなぜ一人勝ちなのか »

アソーさんは、意外にも救世主かもしれません

 今度は、ちょっと肩の力を抜いて読んでください。 堅苦しいばかりじゃ詰まりませんから。

 さて、いま注目のアソーさん、皆さんの顰蹙を一身に集めているかのように見えますが、あれでなかなか英雄的なところが有るんじゃないかと思い始めました。だって、中川(秀)氏の動きを封じたし、森元総理もいずれ消え去るでしょう。なぜって、いまのジミントーの体たらくでは、多くの人がジミントーを見捨てて離れて行かざるを得ないですからな。

 まあ、このように仕組んだのは元はと言えば、アソーさんです。徹底的に解散の時期を遅らし、しかもタイミングを最悪の時期に外し、完全にジミントーが負けるようにしたんですから。だからといって、民主党を有利にした訳でもないんです。要するに彼は一流の役者だった、というこってす。タケベ氏も、スガ氏も、イシハラ氏も、地団駄を踏んで悔しがっているでしょうからなァ。おまけにコガ氏に至っては、片田舎の芸人崩れの知事を衆議院選に担ぎ出そうとするようなサル芝居の片棒を担いだばっかりに、赤っ恥をかいて自ら辞任を申し出るハメに陥りました。あんな見事なブレっぷりは、誰もマネできません。

 日本郵政の西川社長だって、もうちょっとで鳩山前総務大臣と刺し違える覚悟だったものを、アソーさんが判断を誤って(鳩山氏の言)どたん場でブレたために、思わぬ命拾いをしましたが、考えて見れば、生き残って却って地獄に落ちたようなものです。どうせ民主党が政権を取れば、西川社長のクビは直ちに飛ぶでしょう。しかもタダでは飛びません。徹底的に不正を糾弾され、膿を出しきって、腐ったボロきれのようにされて、放り出されるでしょう。最悪、刑事訴追の可能性さえあります。

 東京都議選も、告示直前にトンでもない言い間違いをやらかして、顰蹙を買ったし、自民党議員は徹底的にボロ負けを喫しました。それに加えて、衆議院の解散は自分の手でやる、といらぬところで我を張り、最悪のタイミングで解散するようです。これらの行為は、まるで分かった上で、意図的にやっているかのようです。

|

« 新疆ウィグル自治区での中国政府の核実験の詳細 | トップページ | ゴールドマンサックスはなぜ一人勝ちなのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど、同感です!!!

アソーさんが、救世主とか、意図的にやっているとかは、
なんとも解りませんが、こういった、絶妙なタイミングと、
舞台に登場するキャストたちは、神(人々の想念)が創造した
シナリオなんだと思います。

アソーさんのような、時代の主役たちは、人々の想念の象徴です。
アソーさんが、ぶれるのは、人々の想念が、ぶれているということです。

何を信じていいのか解らないという、想念が、今の日本を取り巻いています。
総理大臣なんだから、しっかりしてよ!という気持ちは解りますが、
アソーさんは、今の日本を映し出す、鏡そのものなんです。

投稿: リトルパパ | 2009年7月16日 (木) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30554374

この記事へのトラックバック一覧です: アソーさんは、意外にも救世主かもしれません:

« 新疆ウィグル自治区での中国政府の核実験の詳細 | トップページ | ゴールドマンサックスはなぜ一人勝ちなのか »