« 今日は都議選の投開票日です | トップページ | 来るべき新時代は国家の消滅をもたらす »

新疆ウィグル自治区での暴動告発映像

 私の友人から、重大な告発映像が投稿されました。二本あります。一本目は暴動そのもの関する映像です。もう一本はその背景となった、ある歴史的事実についてです。すでに知っている方も多いと思いますが、ぜひ認識を新たにする意味で、見直してください。

  http://www.youtube.com/watch?v=wJIOsubjwOw&feature=related
 

  高田純札幌医科大教授は新疆ウィグル自治区での核実験の犠牲者は、130万人ほどと発表しております。
http://www.youtube.com/watch?v=zBJxqprOuU0&feature=PlayList&p=A6CB42B74E542B
06&index=5&playnext=6&playnext_from=PL
          

|

« 今日は都議選の投開票日です | トップページ | 来るべき新時代は国家の消滅をもたらす »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

わたしのメールに夏目雅子は此処での被爆ではないかとゆうメールが入っております。張りつけます。
夏目雅子という女優がいたんだが、死にました。白血病だったね。ところで、夏目雅子は1978年に西遊記のロケで中国の砂漠に行ってるわけです。まだ改革解放の途についたばかりであまり知られてなかったんだが、その当時、中国は盛んに砂漠で核兵器の実験をやっていたわけだ。
1978年、NHK大河ドラマ『黄金の日日』に出演。日本テレビ系『西遊記』では三蔵法師役を演じて人気を得る。この時、彼女は役作りのために実際に剃髪し、頭の形が良く「髪の毛を剃ったけど、美しくて神々しい」と話題になった。
1985年2月14日、舞台『愚かな女』の公演の最中に体調不良を訴え、翌2月15日慶應義塾大学病院に緊急入院。急性骨髄性白血病と診断されたが、夏目本人には「極度の貧血」とだけ告げ、本当の病名を伏せていた。夏目の入院と共に夫の伊集院は、仕事をすべて辞めて彼女が亡くなるまで母親らと共に看病にあたった。約7ヶ月という長い闘病生活を送りながらも順調に回復、退院間近の報道もあったものの、その後、抗がん剤の副作用等が原因とみられる肺炎を併発し、突然逝去。27歳の若さだった。
貼り付け終わり。

投稿: 茅壁優治 | 2009年7月12日 (日) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30511343

この記事へのトラックバック一覧です: 新疆ウィグル自治区での暴動告発映像:

« 今日は都議選の投開票日です | トップページ | 来るべき新時代は国家の消滅をもたらす »