« 13兆4000億円の米国債の謎 | トップページ | 地球は誰のものか »

為替・株価・商品先物市場の価格大変動

 今日はのっけから不穏な情報です。まず為替が大幅な円高に振れています。ユーロが126円から128円台、ドルが91円から92円台へ。東京株式市場の昨日の200円を超す値下がりに加え、今日も50円余りの値下がりで始まっています。ニューヨーク株は、一時100ドル近く下げてから買い戻しによりやっと小幅なプラスに。シカゴの商品先物市場では、原油、小麦、トウモロコシに続いて、大豆が暴落に近い値下がりになっています。更には、債券市場では、CDSが不穏な値動きをし始めていて、いつ暴落してもおかしくない状況です。今日の東京の為替と株価の値動きに注目していて下さい。場合によっては、噂のように、本当に地獄の夏を迎えるのかも知れません。

|

« 13兆4000億円の米国債の謎 | トップページ | 地球は誰のものか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30469690

この記事へのトラックバック一覧です: 為替・株価・商品先物市場の価格大変動:

« 13兆4000億円の米国債の謎 | トップページ | 地球は誰のものか »