« リーマン・ブラザーズの破綻劇 | トップページ | 政権交代だけが日本を変える道ではない »

今までの意識の状態のままでは日本は変われません

 武山です。いや、今のままでは、日本は崩壊してしまいます。

 私は、今度の総選挙が確定したとき、今度こそ、日本に大変革が起きそうだと感じ、期待したのです。しかし、今までの様子を見ている限り、どうもそうはいかない、泡沫(うたかた)の夢に終わりそうだ、と失望せざるを得ないようになりました。それで、これではダメだ、と思ってこの文章を書き始めました。

 それはなぜでしょうか。それは、未だに多くの人々がマスメディアの発信する情報を鵜呑みにし、それはそれで正しい、と受け止め、根本的に変えようとしていない、あるいは変える必要があるとも感じていないからです。

 私が、ここ最近、何回か過去の記事を掲載したのには、意味がありました。それは、マスメディアがいかに真実を伝えていないか、という事実を知って頂きたい事と、その誤ったマスメディアの報道によって、世界がいかに間違った方向に動いたかを皆さんに認識して頂きたかったからです。

 政府や権力者たちの意図を受けたマスメディアは、完全に歪曲された情報を流しています。それによって、意図的にコントロールされた考えが多くの人たちに受け入れられ、それがあたかも国民世論のように理解され、国の在り方、政治の方向付けに利用されているのです。国民はそうとは気がついていません。世論調査がその例です。

 このあいだ、実に象徴的な出来事が起こりました。細田自民党幹事長がぽろっと本音を漏らし、危うくそれがバレそうになり、あわてて発言を取り消したのです。曰く、国民の理解はその程度のもんだ、と。この言葉の重要性に気がついた人が何人いたでしょうか。要するに、政府は世論をその程度にしか見ていず、コントロールの対象としてしか考えていないのです。

 これほど広がって活況を見せている個人の政治ブログでも、未だにその見解を記事にした例を、少なくとも私は読んでいません。もちろん中には、書いている人がおられる筈です。しかし、多くの人に読まれているブログには見当たりませんでした(勿論私が読んでいるブログの数などタカが知れていますが)。

 植草元教授の有罪が確定し、収監が近づいている、と聞きます。それで、たくさんのブロガー達が一斉に抗議の声を挙げ、阻止しようと動き始めました。これは画期的な事です。政府や権力者たちは、このような国民の声が一番怖いのです。だからこそこのあいだインターネット上の規制を強化してそれを防止しようとしたのです。

 最近、私は新聞をほとんど読みませんでした。久しぶりに詳しく選挙関係の記事を読んで見ようと思って紙面を広げた途端、驚きました。眼に飛び込んでくるトップの見出しとは裏腹に、記事が大変読みにくいのです。一段の文字数がバラバラな上に、次の行がどこに飛んでいるのか分からないのです。数行読んで、厭になりました。確かに文字は大きくなっています。その意味では、読者の利便を考慮しているかに見えますが、紙面の構成は大変雑です。文字数は多くて一見詳しく書かれているように見えますが、決して読みやすいとは言えません。最近の若者の活字離れはこの辺にも原因があると思います。いや、深読みすれば、誰かさんが国民をだました手口、ワンフレーズ・ポリティクス、によく似ています。詳しい説明は却って不用なのです。紙面の読みにくさも、その辺の事情を目論んでいるのでしょうか。

 それにしても、一般庶民の情報の偏りぶりは普通ではありません。これでは、到底世の中を改革する動きは起こりようがありません。以前、私は、メディアこそ革命を嫌っている、という意味の事を書きました。真実はまさにその通りで、彼らの住み心地の良い職場環境は革命的激動により、打ち壊される可能性があり、それを嫌っているのです。新聞紙面の制作面での粗雑ぶりはそれを物語っている、としか思えません。

 われわれは、今こそこの閉塞状態を打破しなければならないのです。今日の「白川勝彦」氏のブログに、その事を指摘した記事が掲載されています。植草氏の収監阻止の運動は一つの希望をつなぐ出来事です。 

 「赤信号、みんなで渡れば怖くない」は至言です。赤信号は一つの交通ルールです。事故を防ぐ意味はもちろんあります。しかし、その裏に、一人ひとりの個人の行動ををコントロールしようとする意図が隠されていることを誰も疑いません。信号無視をすると事故をおこすよ、という警告は、人間の行動を縛っている事に、誰もが気が付かないのです。究極の自動車というものがもし可能だとしたら、それは人間を轢き殺すことが絶対ない車をつくる事です。いや、つくるべきなのです。そうしないと、車を走らせるべきではないのです。むかし、誰かが言いました。自動車は殺人兵器だ、と。人間はたくさんいるんだから、一人くらい交通事故で死んでも、不都合は起こらない、そういう思想が車社会の不都合さを実現している、と考える人はごくわずかです。 (断って置きますが、また、当たり前の事ですが、私は道路の信号や道路交通法規を守らなくても良い、と言っているのではありません。交通関係の法律はきちんと守って、間違っても赤信号を無視するような危険な行為は絶対止めて下さい。今の世は自分の身は自分で守らなければならないのは言うまでもありません)

 最後に、私は、このブログを始めるに当たって、何を目標にしたのかを、いまここでもう一度書こうと思います。それは、ハワイの問題解決の秘法「ホ・オポノポノ」の実践によって、人々の間に闘争(戦争)というネガティヴな行動をなくして平和を実現し、愛と調和に満ちた、新しい人類の「黄金時代」を創りだすため、 「草の根の運動を起こそう、と思ったからです。今もその目標は変わっていません。その第一歩は、すべてを他人の責任にせず、自分一人から変わろうと考え直す=見方を変える、事から始まります。(これが、セルフ・アイデンティティ・ホ・オポノポノの真髄なのです。今回の衆議院議員選挙は、これこそ一人ひとりの自己責任の実践なのです。世の中を変えようとするには、まず自分が変わろうとしなければならない、という意味です。それは選挙で投票行動を行うこと=実践する事なのです)

 「愛しています」 「許して下さい」 「ごめんね」 「ありがとう」 この四つの言葉をそのまま実践するだけで、どれだけ世の中が変わるでしょうか。それにはまず自分が変わろうと思い直す事です。そして、いま国会議員に立候補しようとしている人、一人ひとりが、口さきだけでもいいですからこう言えば、それだけで世の中は変わり始めるのです。

|

« リーマン・ブラザーズの破綻劇 | トップページ | 政権交代だけが日本を変える道ではない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

先ほどのコメントは言葉足らずでした。「自民党が信用できないから民主党に投票します・・・」なんて単純な思考ではありません。民主党が政権を握っても期待通りの仕事が出来るとは思ってません。他の政党も同じ事でしょう。選択肢がないの一言につきます。

投稿: れまこ | 2009年7月26日 (日) 01時20分


本当の革命とは意識の革命である


http://video.google.com/videoplay?docid=-3788207618449105637

そして、理解することは物事に変化をもたらすことである。

投稿: ku_uu | 2009年7月25日 (土) 22時12分

こんにちわ。数字に出にくい潜在的な数字があるのではないでしょうか。マスコミ得意のねつ造とか。私の周りでは選挙に関心のなかった人達が挙って「投票にいくけど自民には入れたくない」と、はっきり言ってます。どの政党や人に投票する。しない。は、デリケートな事で語る人が無かったのでこちらが驚いています。今迄も色々なネガティブキャンペーンがありましたが有権者の皆様案外冷静で下手な芝居は通用しなくなってるのでは?楽観しすぎでしょうか。

投稿: れまこ | 2009年7月25日 (土) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30689638

この記事へのトラックバック一覧です: 今までの意識の状態のままでは日本は変われません:

» 総選挙 [日本のまつりごと]
いよいよ政権交代が現実味を帯びてきました。政治が変わることで我々の生活はどう変わるのか。身近な視点で日本の政治を見つめてみました。 [続きを読む]

受信: 2009年7月26日 (日) 10時19分

« リーマン・ブラザーズの破綻劇 | トップページ | 政権交代だけが日本を変える道ではない »