« 公明党が民主にすり寄っている | トップページ | 衆議院は明日解散します(続き) »

衆議院はあす解散します!

 いよいよ衆議院は明日解散されます。しかし、実際に解散詔書が読み上げられるまでは、何が起るか分かりません。恐らく、予定通りの日程で8月30日、投開票になるはずです。

 しかし、何度も言うようですが、実際に解散になるまでは何が起こっても不思議ではありません。特に、特定の宗教団体の選挙運動は苛烈を極める事が予想されます。既に、一般人に対する選挙妨害ともとれる運動が始まっています。

 宗教団体が選挙に関わって政治に手を出すことは、明らかな憲法違反です。多くのマスコミはこれをタブー視して取り上げようともしません。私はこれは大変な危機的状況であると見ています。

 今回は、解散から投開票まで40日もあります。この間、様々な運動が展開され、憲法違反は道路端に打ち捨てられたゴミくずのように遺棄されるでしょう。憲法はあってなきが如く無視されます。今から既にその兆候があります。

 日本の宗教団体の皆さん、皆さんに良心があるなら直ちに憲法を無視する行為は止めて下さい。もし、それが不満であるなら、憲法をそのように変えてから行動して下さい。昔、ギリシャの哲人は、「悪法もまた法なり」と言って毒杯をあおいで自ら命を絶ちました。昔の偉人は例え悪法でも法は遵守すべきだと教えているのです。まして日本国憲法は大戦争のあとの教訓を基にして起草された憲法です。われわれは同じ過ちを繰り返してはなりません。宗教団体の皆さん。あなた方の憲法を無視する姿勢は、日本の今の国内体制を根底から無視しようとする姿勢と同等です。

 一般庶民の皆さん、いつまでも黙っていてはいけません。マスコミは彼らに牛耳られています。今ここで声を上げないと、日本は本当に泥沼に入り込んでしまいます。宗教と政治は分離させなければなりません。日本国憲法にはっきりと定められている政教分離の原則は空念仏ではないのです。

 投票日まで本当に何が起こるか分かりません。今度の選挙は日本の浮沈をかけた、光と闇の最後の戦いなのです。あなたの平和と調和を求める真実の心で一票の投票先を決めるべきです。

 自民党が今日の窮状を招いたのには確かな原因があります。憲法違反を承知の上で、宗教団体を抱え込んだ政党を連立相手に選んだからです。政権政党が憲法を無視して宗教団体を母体に持つ政党を取り込んだからです。これを称して自業自得というのです。力さえ持てば後はどうなっても構わない、という姿勢が今日の経済危機を始めする地球存亡の状態を生んだのです。われわれは反省すべきです。二度と同じ過ちを繰り返してはいけません。

 

|

« 公明党が民主にすり寄っている | トップページ | 衆議院は明日解散します(続き) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30622452

この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院はあす解散します!:

« 公明党が民主にすり寄っている | トップページ | 衆議院は明日解散します(続き) »