« アメリカ巨大銀行の不可解なボーナス支給 | トップページ | デフレの亢進と失業率の悪化 »

日本は唯一の核被爆国か?

 今日の産経新聞に大変重要な記事が掲載されています。タイトルは、「中国核実験『ウィグル死者、数十万』米有名科学誌が可能性指摘」 とあります。以下にその記事を掲載します。

 米国で最も人気の高い科学雑誌「サイエンティフィック・アメリカン」7月号が、中国の新疆(しんきょう)ウィグル自治区で中国当局が実施した四十数回の核爆発実験の放射能により、数十万ものウィグル住民が死亡した可能性があるとする記事を掲載した。(ワシントン 古森義久)   ◇   記事は、ウィグル人医師のアニワル・トヒティ氏と札幌医科大学教授で物理学者の高田純氏の合同調査結果を基礎に書かれたもの。高田教授は同自治区のシルクロード紀行番組を長年、放映したNHKの核実験無視の姿勢を非難している。「サイエンティフィック・アメリカン」7月号は、「中国の核実験は多数の人を殺し、次世代を運命づけたのか」「中国が40年にわたり核爆弾を爆発させたことで、放射能の雲は住民の上を覆った」という見出しの記事を掲載した。同記事はまず、トヒティ医師が新疆ウィグル自治区で1973年の子供時代、3日間、空が黒くなり、土砂のような雨が降ったのを目撃し、後年、それが核爆発の結果だったことを認識したと指摘。その上で、「シルクロード上のロプノル実験場における、1964年から96年までの四十数回の核爆発による放射能の結果、数十万の住民が死んだ可能性がある」と報じた。

 記事はさらに、現在、英国やトルコを拠点にウィグル人の放射能被害を研究するトヒティ医師が、高田教授と「ロプノル・プロジェクト」という共同研究を進めているとし、高田教授の「新疆ウィグル自治区で放射能汚染のために19万4千人が死亡し、120万人が白血病などを病んだ」という算定を伝えた。「サイエンティフィック・アメリカン」は米国だけでなく国際的な評価も高く、同誌が今回、事実として正面から伝えた「シルクロードの核汚染」は、それを否定してきた中国政府にも厳しい詰問となる。

 また、高田教授はNHKが長年、シルクロードの番組を放映し、多数の日本人観光客に核汚染が明白な地域を訪問させながら、核爆発についてはいっさい、沈黙してきたとして今年4月、公開質問状の形で抗議した。NHK側は「(放射能汚染についての)認識は放送当時も現在も持っていない」と回答したというが、今回の米国の科学雑誌の記事は、高田教授側の研究の成果や意見に国際的認知を与えたこととなる。

 このほかに、いま私の手許には高田教授が2008年8月に書いて発行した「中国の核実験」というレポートがあります。この本の内容は実に戦慄すべきもので、読む人に改めて核の恐怖をまざまざとみせつけます。同書の序に高田博士はこう書いています。「私の終生の研究対象である核爆発災害の研究は、広島の空中核爆発災害調査から始まり、ソ連のセミパラチンスク核実験場での地表核爆発災害、ビキニ被災のあったマーシャル諸島での15メガトン地表核爆発災害の調査と、現地調査が続いた。そして、とうとう隣国中国の核実験の調査となった。中国政府は第三者調査に対し現地を公開しないばかりか、長年、公式には実験事実および周辺影響を開示していない…。」

 つい先日、7月の初旬に週刊新潮が、この事実を私が知っている限りでは初めて暴露し、女優の夏目雅子さんの死因も、核実験によると見られるテレビ映画撮影時の二次被爆で急性白血病に罹り、若い命を落としている、と報じました。中国が核実験を開始し、放射能被害がウィグルや中国国内で発生しても、中国当局は、被害の大きさはおろか被害の事実さえ認めていません。その間、同地を訪れた日本人観光客の数は優に80万人をこえています。多くの日本人は、このような事をまったく知りません。NHKの大罪というべきです。

 最後にもう一つ衝撃的な事実を書いて置きます。それは、オバマ大統領が本気で核兵器廃絶を実行しようと努力しているにも関わらず、それを阻んでいるのは、唯一の被爆国(本当は被爆国は日本だけではありません。中国は言わずもがな、カザフスタンや新疆ウィグル自治区も被爆国です)である日本だという真実です。多くの人はそんな事は信じられない、というでしょうが、これは本当です。なぜか。それは、政府(特に外務省、防衛省)の中に核防衛の傘が日本の防衛にとって欠かせない、と言ってオバマ大統領の進める核兵器廃絶に強硬に反対している者達がいる、という事なのです。一部の評論家たちはオバマの事を批判していますが、自分たちが何を言っているかは別のところに置いて勝手な事を言っているに過ぎないのです。

 いつも言うように、NHKを始めとするマスメディアが、普段言っている事と、実際にやっている事とはまったく違うという事を、今こそ知らなければ、そのうち国そのものが滅びます。この事を肝に銘ずべきです。

 ついでに申し添えておきます。サイエンティフィック・アメリカン誌は毎月日本語版が日経新聞社から出ています。しかし、不可解な事に、この記事の掲載予告はいうまでもなく予定も誌面のどこにも見当たりません。

|

« アメリカ巨大銀行の不可解なボーナス支給 | トップページ | デフレの亢進と失業率の悪化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30776015

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は唯一の核被爆国か?:

» 酒井法子・容疑認める!空白の6日間激白・渋谷での一部始終! [酒井法子・容疑認める!空白の6日間激白・渋谷での一部始終!]
酒井法子・容疑認める!空白の6日間激白・渋谷での一部始終、逮捕、覚せい剤、山梨、新宿 [続きを読む]

受信: 2009年8月10日 (月) 13時26分

« アメリカ巨大銀行の不可解なボーナス支給 | トップページ | デフレの亢進と失業率の悪化 »