« 日本の闇の勢力のあぶりだしが始まっている | トップページ | 新疆ウィグル自治区での中国政府の核実験の詳細 »

オバマ大統領の核軍縮は本気

 昨日付けの田中宇氏の国際ニュースレポートを読むと、オバマ大統領の核軍縮方針は、美辞麗句ではなく、本気である、と書いてあります。私に言わせれば、田中宇氏ともあろう情報通が、何をいまさら、という気がします。

 しかし、これは田中氏でもオバマ大統領の政策を、従来の軍産複合体からの影響を打破するのは容易ではない、従って核兵器を減らそうという試みは、口先だけだろうと読んでいたという事です。

 その証拠に、元国防長官のシュレジンガーがこのようなオバマの政策を痛烈に批判しています。シュレジンガーは軍産複合体の利権を代表しているのではないかとも受け取れます。また、彼は日本の小沢一郎を引き合いに出し、日本は核弾頭数千発分のプルトニウムを保有しており、核武装する事は簡単だ、とも言っています。

 最近、外務省にアメリカからの核持ち込みの密約文書が存在した事が、元事務次官数人から暴露され、問題視されています。元アメリカ政府の国防のトップが本気で核軍縮をやる気がないどころか、日本の核武装を想定していた事を考えると、何か空恐ろしい気がします。口先ではきれいごとを言っても、日本の保守政治家のほとんどは、核兵器の他国に対する抑止力を、一定の効果が在るものと見なしていたのです。

 田中宇氏のような日本を代表する情報通でも、オバマの核兵器削減を本気にしていなかった位ですから、世界各国政府の核兵器に対する思惑は、庶民の核兵器禁止の願いとは180度異なっていた事を示しています。

 オバマが本気で核兵器削減と取り組んでいる事を、日本の政治家のみならず、専門家も読み違えていたようです。これでは、本当の世界平和は到底実現しようがありません。この状況は、軍事のすべてに当てはまります。つまり、いま権力を握っている世界各国の政府は、そのほとんどが本気で世界平和など考えていない事になります。

 われわれ庶民はその事を充分認識した上で、新しい来るべき新時代に相応しい政府を創り上げなければいけないのです。その意味で、オバマ政権は、その方向で米国の舵取りを始めている事を認識し直して下さい。いい加減なデマや、情報操作、攪乱に惑わされてはいけません。

|

« 日本の闇の勢力のあぶりだしが始まっている | トップページ | 新疆ウィグル自治区での中国政府の核実験の詳細 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30551214

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ大統領の核軍縮は本気:

« 日本の闇の勢力のあぶりだしが始まっている | トップページ | 新疆ウィグル自治区での中国政府の核実験の詳細 »