« 地方業者の悲鳴 | トップページ | 政府通貨の是非について(補注) »

政府通貨の是非について

 民主党のマニフェストについて、閣僚の中から大批判が起きています。しかし、こういうのもおかしいのですが、閣僚の皆さんは、一国の財政について、良く理解されていない方が多いのではないでしょうか。

 日本は大借金国であるから、できるだけ無駄な経費を減らして借金体制を変えなくてはいけない。そのために、13兆円もの景気対策を行なったからは、その費用として賄うため、数年先の消費税増税を念頭に置くべきだ、との議論が政府内で盛んです。つまり財源対策です。

 今年はじめに、そのことに関して、メディアで議論が沸騰した事があります。曰く、政府通貨の発行の是非です。

 かつて、副島隆彦氏の「学問道場」において、このテーマで会員間の議論がありました。しかし彼らの議論そのものが、すべて的外れです。その中心は、政府通貨は借金か、借金ではないか、という議論でした。

 これは、そもそもの議論の前提として、お金=マネーの意味が曖昧なまま議論が先に立った結果、議論そのものが無意味になった典型です。マネーとは何でしょうか。マネーとはそもそも借金の証文の事です。ですから、政府通貨は借金か借金でないかという疑問はあり得ないのです。

 通貨は本来政府が発行するものです。ですから、合衆国憲法は、通貨は金と銀に裏付けられた兌換紙幣でなければならないと規定されているのです(これは、現在連邦準備銀行が発行しているドル札が憲法違反である事を示しています)。ですが、マネーとは借金の証文だと理解すれば、政府通貨も借金です。

 しかし、逆に考えればその借金の証文が通貨として流通して経済が成り立っているわけで、借金=負債があってこそ経済は成り立っているわけです。つまり、政府通貨は本来の正当なマネーです。

 もっと言うべき事があるのですが、別の機会にして、現在の日本の状況を考えてみましょう。いま日本は大変な不況です。その第一の原因は、マネーの不足です。これは、小泉内閣以来の財政構造改革によって、必要な政府資金が切り詰められた結果です。公共投資と社会福祉事業の削減が主なものです。また、極端な消費と需要の落ち込みにより、GDPそのものが落ち込み、名目経済成長率がマイナスに落ち込んだままです。

 その第一の原因は、需要が盛り上がるべき時に、マネーが不足しているため、内需に結びつかないためです。結果論として、現在マネーサプライの極端な減少により、必要な資金が国内に廻っていないのです。お金は人間に例えれば血液のようなものです。日本は世界第二位の経済規模を持っているのにも関わらず、経済の血液であるお金が不足しているのです。これは、体に比例した血液不足で、病気になったのと同等なのです。体はでかくなったのに、血液が不足して、酸素や栄養が体の各部分に廻らなくなっているのです。

 従って、いま何をすべきかは明白です。血液が不足すれば輸血をします。それと同じ事で、マネーを多くして体に送り込んでやらなくてはいけません。ですが、いくら血液がたくさんあっても、体に取り込まれなくては機能が果せません。日銀が紙幣を刷っても体に流れないのは日銀が紙幣をたくさん刷れば、バランスシートの負債欄が大きく膨らみますから、限度があります。それは、日銀が民間機関であるためです。そこで政府通貨の出番になるわけです。

 気になるのはインフレ懸念です。しかし、考えて見て下さい。日本は今デフレで大変危険な状態です。輸血処置が必要な時に躊躇っていては命取りになります。だからこそ、財政出動をして資金を市場に流し、政府自らが需要を喚起するため公共投資を増大すべきなのです。これは一種の人工呼吸なのです。

 だから、いま民主党がいっている公共事業費削減は、病気の患者の息の根を止めようとする行為に等しく、まさに自殺行為です。要するに、自民党も民主党もどっちもどっちなのです。

 なぜこんな事になるのか。それは強いリーダーシップを持った指導者がいないためです。われわれはこのためにこそ来るべき衆議院選挙において、そのリーダーに相応しい人物なり、政党を選ぶべきです。もし相応しい人物も政党もないのなら、有権者が声を挙げて求めるしかありません。

|

« 地方業者の悲鳴 | トップページ | 政府通貨の是非について(補注) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、aries
いま、政府が行うことは、武山氏が論じているように市中にお金をながす事です。国民に明日のお金の心配を無くし、また、日々仕事を与えることです。お金に金利を付け、持っているだけでお金が増えていくシステムを止めること、。お金は借金ですので、早く使うべきです。箪笥に閉まっていたら、価値が無くなるお金を発行するべきです。水はたまると腐ります。お金もたまると腐敗します。お金に絶対価値は無いのです。少し考えてください、絶対的価値が無いお金が、時間が経てば増えるのであれば、絶対的価値から観ればお金の価値は、目減りしているのです。このことについては、これをご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=3YeagjqoDpk&feature=PlayList&p=6303DD366F1AD8B7&index=0&playnext=1
奴隷よりhappy01lovelyaries

投稿: 茅壁優治 | 2009年7月28日 (火) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30731827

この記事へのトラックバック一覧です: 政府通貨の是非について:

« 地方業者の悲鳴 | トップページ | 政府通貨の是非について(補注) »