« 世界同時株安の再来か | トップページ | 鳩山前総務大臣に申しあげます(追伸) »

鳩山前総務大臣に申し上げます

 鳩山前総務大臣、あなたがこのブログを読んでいるとは思いませんが、ご無礼を承知で敢えて私の意見を申し上げます。

 最新の「週刊朝日」に掲載されたあなたのインタビュー記事を読んで、一つだけ気になる事があるのです。それは、基本的にはあくまでも自民党内に留まって、ご自分の理想の政治を志すことが大切だ、という意味の事を仰っておられました。そのお気持は良く分かります。政治は金儲けではない、日本古来の「和」を以て行うしっとりした政治の理想、これこそ来るべき新しい時代の国を動かす者の真髄だとも思います。

 しかし、今の自民党政治は完全に腐っています。すべてとは言いませんが、多くの自民党の政治家は金儲けしか頭にありません。そのうえ日本をどこかの国に売っても何とも思っていないヤカラが多すぎます。お金が通用しない時代がもうすぐそこに来ているのにも関わらず、です。こういう「売国奴」や「拝金主義者」たちはもうすぐすべての公職から排除される運命にあるのです。

 これでは新しい日本の国造りは不可能です。いまの自民党に残っていては、泥船に乗って一緒に沈むだけではありません。あたら有能な政治家を失う事になるのです。今すぐ自民党を出て下さい。そして、民主党とも違う新しい政治の道を切り開いて下さい。民主党では新時代の政治には対応できません。それは、今の自民党と同じ“もと来た道”の繰り返しにしかならないからです。

 民主党について気になるのは、自民党と同じように「売国奴勢力」と「拝金主義者」が多すぎる事です。もうこれからは「金」にまつわる不祥事を起こすような政治家は、いかなる理由があろうと政治に携わる事は許されません。「利権」も同様です。

 そういう意味で、あなたに何時までも自民党に残って、売国奴や拝金主義者に混じって理想の政治ができるとは到底思えません。すでに本来の自民党政治は小渕首相を最後にして終わっているのです。

 今こそ自民党を出る時です。すでに今の自民党は本来の結党の時の自民党とは、似ても似つかない政党になり下がっています。

 あなたの言われている、環境革命は大切な思想です。地球はまさに病んでいます。ですが、その病み方は巷間言われているような「地球温暖化」や二酸化炭素過多ではありません。地球温暖化防止や低炭素社会の実現など妄想の域を出ない、これこそ利権に基づいた虚構の思想です。本当の環境革命は、山川草木を同じ生命をも持つものとみなし、動物を虐待したり飼育して平気で殺して食べる行為をただちに止める事にあるのです。

 これまで人間のやってきた自分勝手な行為は行き着くところまで来ています。原子核を破壊して爆弾を作ったり、エネルギーを取り出したりする行為は最悪・最低の自然破壊なのです。なぜなら、原子核こそは自然を作り上げている基本的組織・システムそのものだからです。それを破壊して自らの野望を達成しようすることは、自然(宇宙)を創り上げている創造主に対する冒涜に他なりません。もうそろそろ、こういう破壊行為を止めて、人間本来の地球の生きとし生けるものの一員としての生き方を取り戻す時にきているのです。

 今こそ、直ちに自民党を飛び出し、手垢にまみれていない政党を立ち上げるべき時です。それが破滅の淵に直面している日本を救い、世界を変える道筋に繋がる行動になると思うのです。

|

« 世界同時株安の再来か | トップページ | 鳩山前総務大臣に申しあげます(追伸) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 武山様、連日の記事の更新ご苦労様です。
 私も政治に期待したい気持ちがありますが、自民も民主も傀儡である限り裏切られることも繰り返しだと思うに至りました。
 今の金融システムでは、人々はお金の奴隷としか生きられないし、これに反旗を翻した世界中の政治家の方々はことごとく葬られてきました。では何が我々をこの呪縛から解いてくれるのかの答えを教えてくれたビデオに巡り合いましたので、コメント欄にてご紹介させてください。既にご存知でご覧になっているかも知れませんが、閲覧者の皆様にも是非観ていただきたいと思います。
 政治も宗教もお金も、地球とそこに住む命を救うことはできないのなのだと納得でした。
  ザイトガイストの最新版アデンダム(日本語字幕付)です。(拡散ヨロ)
 http://video.google.com/videoplay?docid=-3788207618449105637

 

投稿: 遅ればせながら | 2009年7月 4日 (土) 22時43分

鳩山弟に限らず自民党議員は出て新党を作りたくてもできないのが現状であると思います。
現在の勢力分布図として自民か民主かの2大政党が優位に立っているという状況です。加えて小選挙区制のため、2大政党の影に埋没し、さらには自民を出て行けば参院選で落選した資格を送られ、2大政党どちらかの支援がなければ、よほどの知名度や地盤がないかぎり全滅という恐怖が議員の頭の中にあります。平沼新党・渡辺新党が今に至るまでできないのはそのような側面もあります。
渡辺新党は、幸福の科学が彼の地域では個人商店では著書がおいてあるというくらい非常に強く、今まで自民党として幸福の科学という組織票を得ていましたが、今回はそれを得られないという焦りから生まれたものです。

投稿: king | 2009年7月 4日 (土) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30401366

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山前総務大臣に申し上げます:

« 世界同時株安の再来か | トップページ | 鳩山前総務大臣に申しあげます(追伸) »