« 時代の趨勢を読む | トップページ | 地球の目醒め~テオドールから地球へⅡ~(終章から抜粋) »

次なる経済危機のステップに入った7月

 いよいよ地獄の夏の始まりです。7月に入って、ついに米カリフォルニア州が経済非常事態宣言を発しました。州政府の現金による財政支払が不可能になったため、現金の代わりにIOUという借用書を発行する事になるといいます(東海アマより)。また、インドのタタグループの崩壊が現実となり、超廉価版自動車の製造販売が暗礁に乗り上げるだけでなく、この倒産により世界中に企業の倒産の嵐が吹き荒れるのではないか、と懸念されています(ネバダ情報)。

 再建中のGMは、ここにきて資産の売却が計画通りに行くかどうか、重大な懸念が出て来ており、もし再建計画に支障が出るようだと、最悪の場合、GMという世界最大の自動車会社の消滅、という最も恐るべき事態となり、全米中で失業者があふれるようになり、全米がカリフォルニア化する可能性が高いです。

 加えて、アメリカの全大手銀行はGSだけを除いて、政府の莫大な公的支援を受けているにも関わらず、職員の給与を削減以前の水準に戻し、超高額の金額を与えると発表しました。まさに、気違い沙汰です。

 これは、すべてオバマ政権への揺さぶりのように、私には見えます。多くの人は、いやそうではない、オバマもやはりイルミナティの一味だからだと言うでしょう。まったくそれも一理あります。そのうえ、それを否定する材料もありません。しかし、私は敢えて言いましょう。オバマはそうではない、と。

 世界中が一触即発の事態に突入したかに見えます。まさに、地獄の夏の到来です。これは避けようがないようにも見えます。しかし、断じてそうではありません。水面下で着々と計画は予定通り進んでいます。この危機はすべて計画された事なのです。皆さん、見ていてください。手は打たれています。あとは、いつそれが表面にあらわれ出てくるか、だけなのです。

 

|

« 時代の趨勢を読む | トップページ | 地球の目醒め~テオドールから地球へⅡ~(終章から抜粋) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30375855

この記事へのトラックバック一覧です: 次なる経済危機のステップに入った7月:

« 時代の趨勢を読む | トップページ | 地球の目醒め~テオドールから地球へⅡ~(終章から抜粋) »