« 与謝野財務大臣と渡辺元行革大臣に不法献金疑惑 | トップページ | 日本で大変な地殻変動の動きが始まった! »

報道姿勢を問われるメディア

 今日の毎日新聞のスクープで、与謝野財務大臣と、渡辺元行革大臣とが政治資金規正法に違反して、違法な迂回献金を受け取っていた事をレポートしました。この事について、さらに皆さんにお伝えして置きたいことがあり、続きを書きます。

 このニュースについて、各マスメディアがどういう報道に流れるのか、大いに興味のあるところです。というのは、既に皆さんご承知の通り、小沢前民主党代表の秘書が逮捕された時は、全マスメディアこぞって批判の大合唱で、結局、小沢前代表は民主党の党内事情を考慮して代表職を辞任しました。

 今度の事件はこの時の事情とちょうど立場を入れ替えたかのようなそっくりの違法献金事件です。後で発覚しただけに、より違法性が顕著とも言えます。小沢議員秘書逮捕の時、マスメディアが取った報道姿勢は、政治と金の問題に絡めて極めて厳しい批判に終始しました。

 今度の事件の場合、各マスメディアがどんな報道姿勢で臨むのか、場合によったら、報道の公平性に問題を投げかけるような事態に発展する可能性があります。

 しかし、私がここで申し上げたいのは、いったいいつまでこのような下らない事件を、政治家は繰り返すのだろうか、ということです。小沢事件の時に批判された事は、利権に絡んだ政治の不透明さでした。違法か違法でなかったかはこの際司法の判断に委ねることとして、問題は、政治に付きものとされる金の事です。結局、政治家がきれいな金か、汚い金かは別にして、金で動く政治をしてきたというところに問題があります。

 そこで、メディアにお願いしたいのは、民主党だから、とか、与党だから、とかいう事は今後一切やめて、政治に金がかからないシステムはどうすれば可能なのかを、問題提起して欲しい事です。いつまでもこのような下らない事件にエネルギーを費やすのは、日本の将来にとって、大きなマイナスです。庶民は呆れています。各報道機関も、おもしろおかしい興味本位の取材を控えて、中身のある記事を書いて欲しいのです。

 それは、一つには、政治家には、大きな特権が付与されている事が原因です。特に国会議員ともなれば、収入は莫大で、一般庶民のそれとはとは比較にならない金額の報酬が支給されます。そのうえ、政党には交付金まで支給されます。権力も絶大です。少々悪い事をしても、その見返りは大きいと言えます。だから、いつまで経ってもこういう金に絡む不祥事が絶えないのです。

 おまけに、利権は国家の範囲を超えて、他国の利害にまで及んでいます。郵政民営化はその典型といえます。ウソ、ごまかし、圧力、恫喝、欺瞞、最後は莫大な利権です。もういい加減で正常化しないと、当面する地球の危機は到底救えません。危機は金融の危機だけではないのです。

 今度の総選挙は、そういう意味で、大変大きな意味を持つ選挙です。従来のような金にまつわる金権選挙を繰り返すようなら、日本に明るい未来はありません。絶対当選させたくない人、政党には、この際、政治の世界から消え去ってもらわなくてはなりません。そういう意味で、今度の選挙は、日本人の生き残りをかけた選挙であり、新しい日本を作り上げる最初で最後の選挙になるような気がします。

 メディアの皆さん、どうかこの事をよくわきまえて、これからの政治報道に当たってください。それがジャーナリストとしてのあなた方の使命です。

|

« 与謝野財務大臣と渡辺元行革大臣に不法献金疑惑 | トップページ | 日本で大変な地殻変動の動きが始まった! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

武山氏の本日のブログを読みましたが、テレビなどのメデアの情報は全てウソです。全ては言い過ぎかもしれませんが、一流紙ほどその傾向が強いとおもいます。わたくしが体験したウソの情報でわれわれの同業者の全てが廃業することになりました。                   忘れもしませんがH13年8月10日午後7時15分ごろ、NHKのニュースで「ガァイアクス(アルコール燃料)を車に入れて走行していたらエンジンルームより出火をして車が火災にあった。」との事でした。実際に火災になった車はあったのですが。自動車火災は消防庁の発表では、毎年約3000台ほどのエンジンから出火し消防庁の記録に残っております。そのうちの2.3台の火災で、まるでガァイアックスで火災になったとNHKは発表をするのです。また、このときの車は、ホンダのオデッセで2500ccか3000ccのアメリカ製造のオデッセでした。火災で延焼した車は、ホンダがすぐ回収し、私たちの技術スタッフが「見せてくれ」と要求しましたが拒否をつづけ見せてもらいませんでした。仕方が無いので、同じ型の車を購入し調べたら、この車のすぐ後の車は、エンジンのデストロビューターのいちと、燃料の配管の位置が変わり燃料漏れしても出火しぬくい設計に変更されていたのです。
ホンダは、自社の責任をわれわれになすりつけ、
車には、ガソリンしか使えなくし、国土交通省「道路財源」は揮発油税を「1リッター56円ほど、私たち小売店の利益は、リッター10円がやっと」満額維持し、その片棒を天下のNHKが国民に洗脳をしているのです。いま、私の飯の種をつぶしておきながら、NHKは徴収料を取りにきます。
話は飛びますが、フォードが車を最初に作った時は、ガソリン、アルコールどちらでも走行出来るようにエンジンを作っていました。アメリカの禁酒令は、アルコールで走ってもらうと油を採掘しているやからが儲けない為禁酒令を作ったのです。長くなりますので今日は、これまでにします。奴隷より

投稿: 茅壁優治 | 2009年6月25日 (木) 13時18分

今、お昼前のTVニュース流れてます。トップは今話題の東国原知事dash私にはどうでもいい話にイラangry与謝野さん渡辺元行革大臣の事全然出てません。オカシイナァgawk小沢さんの時とは大違い。今のチャンネルは~日テレですね。仕事がら色んな年代の方とお話する機会が多いのですが皆さん今をhot and coolに分析してます。マスコミが公平な判断で正しい事や今必要な情報を流しているとは限らない事・・・知ってます。

投稿: れまこ | 2009年6月25日 (木) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30259164

この記事へのトラックバック一覧です: 報道姿勢を問われるメディア:

« 与謝野財務大臣と渡辺元行革大臣に不法献金疑惑 | トップページ | 日本で大変な地殻変動の動きが始まった! »