« 罪を犯す意思がない行為は、罰しない(刑法38条1項) | トップページ | ある友人へのメール(深宇宙探訪記[中]から) »

何もかもが中途半端!

 この言葉は、私が昨日出張先で乗り合わせたタクシーの運転手のつぶやいた言葉です。何が中途半端なのか。彼の曰く、何もかもなんです! と。私とは数年先輩の戦中派のような言葉でしたが、後ろ姿ではもっと若く見えました。

 次に彼の口から出てきた言葉に、私は息を吞みました。「私はねぇ、原爆で身内を何人も亡くしたんです。彼らがいま生きていたら、と思うと…。」ふと言いかけて口を噤んだ彼の後姿は驚くほど淡々としていました。それもそうです。原爆が広島の空で炸裂してからもう60年以上も経つのです。阿鼻叫喚の生き地獄を体験した人間の、口をついて出た言葉が標題のようなつぶやきだったのです。

 私はとっさに感じました。彼の心の中では60年以上という気の遠くなるような歳月は、何をもたらし、何を感じ続けて連綿と人生を生きてこさせたのだろうか、と。彼にとって、60年という歳月は、在ってないようなものだったのです。そうです、彼の心の底では、今もくっきりと原爆の炸裂した日の光景が、繰り返し続いているのです。

 彼が言ったのは、道路工事についてでした。どこも造りかけては最後まで通じていない切れ切れにされた道路を忌々しそうに見ながら、 「何もかも始末がついていないんですよ!」 と。それは行き止まりにされた道路だけではないようでした。

 彼の心の中では、原爆によって今も苦しみ悶え、水を求めて彷徨っている肉親の姿が生き続けているのです。だからこそ、何もかもが中途半端なのです。

 私は原爆投下後60年も経って今なお人々を苛み続けている原爆という地獄の業火を、たまたま訪れた広島の地で、経験させられるとは夢にも思っていませんでした。

 

|

« 罪を犯す意思がない行為は、罰しない(刑法38条1項) | トップページ | ある友人へのメール(深宇宙探訪記[中]から) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/29976088

この記事へのトラックバック一覧です: 何もかもが中途半端!:

« 罪を犯す意思がない行為は、罰しない(刑法38条1項) | トップページ | ある友人へのメール(深宇宙探訪記[中]から) »