« 誰が何と言っても鳩山総務大臣の権限! | トップページ | お知らせ »

リオでの航空機墜落事故

 今日の白川勝彦氏のブログに、興味深い書き込みがありました。3項目について、一般の読者が知り得ない内容でした。さすが元自治大臣・国家公安委員長の経験者です。その中では、ノ・ムヒョン前大統領の死亡について、韓国国民がいかに大きな衝撃を受け、悲痛な思いを経験したかという事と、麻生総理の西川日本郵政社長続投発言です。その二件についての内容は、すでに私がこのブログで書き込んだ通りです。

 その他に、大変意味深な書き込みがありました。リオでのエールフランス航空の墜落事故の解説です。これは、白川氏の元国家公安委員長としての経験が書かせた内容で、一味違う解釈です。確かに、上空での航空機への落雷は、日常茶飯事のように起きているはずです。それが大事故に繋がった、というのはちょっとした驚きです。普通は有り得ない事故です。

 歴史上、幾多の大航空機事故が起こっています。その中のかなりの事故が、故意に引き起こされています。有名な大韓航空機墜落事故がその典型です。今回の墜落事故でも二百数十名が事故機に乗り合わせ、搭乗者全員の死亡が確実視されています。この事故の背後に何があったのか。誰か重要な人物が搭乗してはいなかったか。航空機への落雷は普段当たり前のように発生しているだけに、それだけで墜落原因として片付ける訳に行かない、何か腑に落ちないものを感じているのは、恐らく私だけではないと思います。徹底的な原因追究が求められます。ひょっとしたら、予想もつかない思わぬ事実が表面化するかも知れません。白川氏の指摘には、そういう重みがあるのです。

|

« 誰が何と言っても鳩山総務大臣の権限! | トップページ | お知らせ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/29951017

この記事へのトラックバック一覧です: リオでの航空機墜落事故:

« 誰が何と言っても鳩山総務大臣の権限! | トップページ | お知らせ »