« 個人間のやり取りの手紙を外に出すのはおかしい? | トップページ | 間もなくわれわれ人類はパラダイムの大転換に遭遇する! »

総選挙は何時か

 今、政局は激動といっても良い位の一触即発の状態にあります。皆さんは、おそらく何も見えないでしょうが、水面下では激しいバトルが演じられている可能性が高いです。その端々の様子が、僅かなメディアの報道の隙間から漏れ出てきています。

 自公連立政権の構成員たる与党議員は、焦っています。沈みつつある「泥舟」から早く脱出することのみを狙って、今まさに動き出そうと機会を覗っています。こういう時、いつも起きる事は、動きが起こった瞬間、われ先にと雪崩をうったように事態が変わるという事です。いつの時もそうですが、動きが見えないのは物事の中心に居る者だけです。それは往々にしてたった一人だけのことが多いのです。

 小泉・竹中一派は新党旗揚げに向かって着々と準備を進めているようです。都議選を含めて地方の首長と議員選挙が間近に控えている者の中には、泥舟に乗って沈没するのを避けようと死に物狂いの画策をやろうと動いています。

 自民党はもはや末期状態のピークです。雪崩が起きる直前は、人間のため息でさえきっかけとなり得ます。

 こうして見てくると、予測に過ぎませんが、国会審議の大半が終わる6月末が一つの区切りになるでしょう。そうすると、7月始めの解散、8月始めの投票という可能性が高いように見えます。都議選とのダブル選挙の可能性もあります。与党に取って、決戦を遅らせる事は不利な条件が重なった場合、雪崩を撃ったように敗北が予想されます。

 マスコミを利用したダメージコントロール、ネガティブキャンペーン、メディアスクラム等を企んでも、今回だけは効果が薄いと見るべきです。それは、与党側が分裂する可能性が高いからです。その上、内部告発が出た場合、リスクを抱えるのは、それを仕掛けた側です。

 先手必勝という判断も成り立ちます。これはあくまでも素人の勝手な判断である事を含んで置いて下さい。

|

« 個人間のやり取りの手紙を外に出すのはおかしい? | トップページ | 間もなくわれわれ人類はパラダイムの大転換に遭遇する! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

7月はじめ解散ですか?
7月3日から17日まで天皇陛下がカナダを訪問予定ですので武山氏の考えがあたっていれば、
7月2日までに解散でしょう。

投稿: 茅壁 | 2009年6月17日 (水) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/30147823

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙は何時か:

« 個人間のやり取りの手紙を外に出すのはおかしい? | トップページ | 間もなくわれわれ人類はパラダイムの大転換に遭遇する! »