« 余命1か月の花嫁 | トップページ | SV40ウィルスの恐怖 »

J・F・ケネディの演説(遺稿)

 今日の「ふるやの森」というブログに、貴重な情報が書き込まれています。それは、J・F・ケネディの演説(遺稿)を翻訳したものです。この中で、ケネディは述べています。アメリカという国家の中には、大統領をも動かす、権力者がいる、そして、その国民操作の道具としてメディアを使っている、と。

 この言葉は、ケネディが言った事にこそ意味があります。恐らく、現在、世界のほとんどの国は、このようにして「情報操作」されています。かつてのアメリカがそうであったように。植草氏のブログアクセス数操作事件は、その氷山の一角を示すものです。皆さん、騙されないで下さい。

 では、現大統領オバマはどうなのか。その答えは、森田玄氏の今日のブログに、「マシュー君のメッセージ(21)」として掲載されています。

|

« 余命1か月の花嫁 | トップページ | SV40ウィルスの恐怖 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/29910588

この記事へのトラックバック一覧です: J・F・ケネディの演説(遺稿):

« 余命1か月の花嫁 | トップページ | SV40ウィルスの恐怖 »